ゆとり世代を考える~ゆとりが必要な時代~


「ゆとり」「ゆとり世代」という差別語

 「ゆとり世代」またはそれを略して「ゆとり」という特定の世代を示す言葉があります。いわゆるゆとり教育を受けた人々を指す言葉ですが、あまり良い意味で使われておりません。むしろ、その世代の人々をけなす言葉として使われております。ちなみに、僕は生粋のゆとり世代です。「これだからゆとりは・・・」等、よく言われますが、僕は逆に「これだから昭和世代は・・・」って思うことが多いです。ゆとり世代をけなす大人は多いですが、我々は好きでゆとり教育を受けたのではありません。たまたま生まれた時代と当時の国の方針が重なっただけなのです。そう考えると、「ゆとり」っていう言葉を投げかけられると腹立たしいですね。その制度を作ったのはだーれ?って言いたくなります。どうも、ゆとり世代は、忍耐力がないだのすぐ諦めるだの言われます。結局、ゆとり教育は見直されて「脱ゆとり」という言葉まで出てきましたね。ゆとりを持つという方針から、根性論を叩きこむ制度に逆戻りですか。

「ゆとり」の価値観

 僕は会社の中で最も若い世代です。電機業界だからジジとババが多いのです。よく、彼らと話していて価値観が全く違うと感じます。例えば、僕の出身大学では世界に一人旅をするのなんて極めて普通でした。僕はいまでも海外一人旅をします。これがどうも昭和世代にはわからないようで、「危険だね」とか「友達いないんだね」とか言ってきます。僕的には海外に一人で出かけて、現地でいろんなものを見ていろんな人と友達になって、自分の国や自分の将来のことをじっくりと考えることができるとてもいい機会だと思っています。むしろ、こういう心にゆとりをもたらす時間が日常生活の中でほとんどないのではないでしょうか。とりあえず目の前のことや目先の利益を追求したり、右肩上がりだけを求めたり・・・。こんなことばかりだと疲れてしまします。ここ最近は新卒3年以内で辞める人が3割いると言われております。「忍耐がない」「我慢が足りない」という言葉で片づけるのは簡単ですが、むしろこれまでのやり方が限界にきていると昭和世代は考えを改めるべきです。そして、ゆとり世代はもっと自分に正直に進みたい道を行くべきです。我慢ばっかりする必要はなく、ゆとり世代らしく生きるべきですね。

今の日本社会と照らすこと

 今の日本社会ってどんな状況なのでしょうか。昭和時代は終戦後、子供が多く生まれ彼らが素晴らしい技術を生み出して日本経済は右肩上がりに成長しました。そして我々世代がその恩恵を受けていることは確かです。ただし、今の日本は完全に成熟社会です。便利なモノが溢れています。バブル崩壊以降、伸びしろはほとんどありません。にもかかわらず、なぜ日本の、とりわけ日本企業のワーキングスタイルは昭和時代のままなのでしょうか。成熟社会の中でいつまでも右肩上がりの目標を掲げ、そこに向かって各社追い越せ追い抜けの精神で馬鹿みたいに働き続ける・・・。開発国の人々がバリバリ働くのは理解できます。お金を手に入れ、それで何かを買うという快感を得た人々は、よりいいものを買うためにバリバリ働きそれにより経済が発展するというサイクルが生み出されます。今の日本はそんな社会ではないはずです。社会が現状を照らしていません。むしろ、逆行しています。同じ成熟国の北欧諸国と比べればよーくわかります。

ゆとりある社会が必要な日本

 日本は昔から自殺者数が多いです。内閣府のまとめだと、2015年の日本の自殺者数は約24,000人です。自殺率ランキングでは世界18位でTop10入りしていた時代よりかは減りましたが、先進国では断トツ一位です。また、日本では就活の失敗で自殺する人も多くなってきました。新卒でいい会社に内定が貰えなかった人や、お祈りメールを何度ももらっている人が自殺してしまうというケースです。自殺とは言わなくてもうつ病になる人も近年急増しています。会社員生活をやってておかしくなっちゃうのでしょう。このままだと、日本の社会を担う人々、特に若い人は希望が持てず、苦しいワークライフを送らざるを得なくなります。そもそも、週休2日と3日どっちがいいですか?と聞かれたら、多くの人は3日って答えるでしょう。そんで、休みの時間を趣味や家族との時間に充てたい人は非常に多いはずです。なのに、いまだに追いつけ追い越せ主義のこの国です。もう少し、ゆるくて余裕のある社会を目指すべきではないでしょうか。ゆとり社会を導入すべきだと僕は考えています。

日本をさらによくするために

 日本は素晴らしい文化や伝統を持った国です。近年の訪日外国人数は目覚ましいものであり、世界でも日本ブームが起きているほどです。でも、僕の周りの外国人に日本のワーキングスタイルについて質問すると、みんな顔をしかめて「あれはひどい!」って言います。日本で働きたい外国人ってあんまりいないですね。なんか残念に感じます。先も言いましたが、やはりゆとり社会を目指すべきでしょう。その為には、ゆとり世代が今の時代のあり方に縛られず、もっと自由に生きて前例を多く作ることが必要です。昭和世代からしたら「甘い」「怠けてる」と思われる行動を積極的にし、それが標準になればいいのです。その為に、ゆとり世代のみんなはもっと正直に生きよう!!


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*