まだ会社員で消耗してるの?

 

ペコペコ

ペコペコ

 こんにちは。ゆとりーマンブロガーのヨシナオです。タイトルが完全にイケダハヤトさんのパクリですね。イケハヤさんのブログってサラリーマンたちに喧嘩売ってますけど、言ってることが真実なので言い返せないんですよ。はっきり言ってサラリーマンは人生消耗してると僕も思います。特に日本のサラリーマンの人生って悲痛なくらい虚しいものです。

安月給

 なぜ日本のサラリーマンの人生は虚しいのか。この一つは給与の安さでしょう。残業代や手当等を抜いて、初任給は21万くらいでここから税金等が引かれて手取りは16万から19万くらいでしょう。問題なのは一部の一流会社を除いて先ほどの水準から給与がなかなか上がらないことです。手取りで30万をもらえるのに10年以上勤めないといけない会社もあります。その割には仕事量が多くて休日出勤までしてる会社もあるんですけどね。これしかない給与のために毎日満員電車に揺られ、上司に叱責され、飯を早く食べ、日経新聞を読み込む生活って・・・つまらないですね。ちなみに僕はこれを2年やってますが、やはり割に合わないと感じます。

長時間労働

 給与が安いだけではありません。バブル期から経済の伸び率は変わらないのにもかかわらず、一向に減らない労働時間が問題です。バブルで働けば働くほどお金がもらえる時代から、経済がある程度成熟してきた現在になったにもかかわらず、労働量は変わりません。これはありえない。そもそも、今の課長や部長世代が未だに働けば働くほど報われるという悪しき精神を持っていることが問題です。僕も若いという理由で意味もなく大量の仕事を押し付けられてます。そんで上司たちの言い分は若い時に苦労すれば報われるというデマを吹き込むわけです。僕は今の会社に止める前提で入ったので、ここでの苦労は無駄でしかありません。

上司

 サラリーマンの悲しきところは常に役職を持つ者にペコペコし、おべっかを使っているところです。こういうのってとても虚しい。大して人間的に優れてないにもかかわらず、役職についているというだけでその人の機嫌を取ろうとする。見ていて非常に虚しいです。考えてみれば、上司の承認をもらわないと書類等を提出できないってシステムやばいですね。担当者の価値なんてゼロですからね。最初からお前がやれよって思いますわ。

誰のためにやっているのかわからない

 よくよく考えてみると、多くのサラリーマンって何のために働いているんだかわかってない気がします。「自分は社会のため、日本のために働いているんだ」っていう人見たことないです。とりあえず、給与をもらわないと生きていけないから、嫌なことも我慢して働き続けているっていう人がほとんどですね。でも、それって虚しくないですか。もちろん、今勤めている会社での仕事が自分にとって楽しいと感じられるものだっていう人もいるでしょう。そういう人達は頑張って欲しいです。きっと世の中にも役に立っていますし。でも、大半の仕方なく会社勤めをしている人って大きなビジョンもないし、日々を過ごすだけなんで、生産性と社会への貢献度が低い気がします。やっぱり、仕事は自分の為になることを一番に考えるべきですね。そして好きなことを楽しくやっていればいずれ社会のためにもなりますし。

自分の好きなことへ向かうが勝ち

 サラリーマンを2年間やって、気づいたことがあります。

人生、絶対に好きなことをやった方がいい

ということです。もうこれは絶対です。だって実際に僕がサラリーマンやってて楽しかったことなんてないですもん。頭はどんどん悪くなるし家と会社の往復なんで柔軟性も失うし、しょっちゅうイライラしてる等々悪いことばかりです。楽しい時といえば、休みの時に海外に行って存分に旅行を楽しんでる時ですね。いろんな国の人と会って交流していると日本なんてちっぽけな場所だと思えます。でも、不思議なことに日本で生活してると閉塞感からか、考えが内向きになってしまうんですね。もったいない。僕はやりたいことがめっちゃあります。旅行も、留学も、勉強も、仕事も人生でやってないと後悔することがたくさんあるんです。だから、それをやろうと考えてます。お金なんてフリーターやってても稼げますしね。そんなことよりも好きなことをやる方が人生遥かに大事なのです。

 

ゆとり世代が感じたサラリーマンの理不尽さ①

ゆとり世代が感じたサラリーマンの理不尽さ②

ゆとり世代が感じたサラリーマンの理不尽さ③

ゆとり世代が感じたサラリーマンの理不尽さ④

なぜ好きなことをやらないといけないか5つの理由

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*