大学受験で全落ちした弟の話 その8


こんにちは。ゆとり系ブロガーのヨシナオです。

本日は例の弟のシリーズの最新版です。時期的には今年の初めあたりから最近にかけてのエピソードです。

弟はクラスノダールという地方で無事に準備学科生活を送っており、勉強もそれなりにしているようです。ロシアの大学に入るには試験があり、ロシア語、歴史、社会学の3つを受けないといけないとのことです。

当然、ロシア語での試験なので中々難しいと思われます。なので、勉強をそこそこしているっぽいです。しかし、よくよく聞いてみると「そりゃないだろー!」というエピソードも出てきます。海外ということを忘れて時に危険なことをしてしまうのです。

本人はそんなの余裕と豪語していますが、たまたま死ななかっただけの話です。いい加減にして欲しいですね。そして、これから入試が始まります。ここからが本番です。

ヒッチハイク

まずはこれですね。前回の記事にも書きました(こちら)。後から聞きましたけど、乗せてくれたロシア人達はいい人ばかりだったそうです。まぁこれはなんとなくわかります。ロシア人は意外と情がありますからね。

そもそもヒッチハイクして向かった都市で泊めてくれた夫婦なんて普通に考えて優しすぎでしょう(こちら)。

ただ、帰りの際に乗せてもらった中東系の人達は普通にやばかったらしいです。そもそも三人組ですしロシア語が聞き取れないし、お金は要らないと言った後に乗った瞬間に要求してくるし、、、普通に考えてヤバいですよね。最悪ヤバい場所に連行されるんじゃないかと思われます。

[https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcareahazardinfo_18.html]

ん〜、ヨーロッパというよりは中東に近いですしお隣のウクライナとは争ってますし、治安が良いとは言い切れないですよね。ですので、ヒッチハイクはリスクあるんじゃないかなと考えるのが普通でしょうね。

でも、人は慣れたと思うと、危険と感じる能力も下がってしまうのではないでしょうか。特に弟なんかはロシア語で会話ができてしまうので気持ち的にもハイになってしまったのでしょう。

ちなみに、彼はヒッチハイクにいい感触を持ったらしく、「今度から移動はヒッチハイクだな」と豪語しておりました。

クラブで泥酔

ヒッチハイクだけではありません。ヤバいエピソードが他にもありました。それが、真冬にクラブで泥酔事件です。

こちらの記事の冒頭に書いてあったので詳しく聞いてみました。現在弟は寮暮らしですが、ロシアの寮は基本的に二人部屋です。弟のルームメイトはなんと日本人です。交換留学をしているとのことです。クラスノダールに日本人がいるなんて珍しいですね。

ただ、そのルームメイトはとても真面目でしっかり勉強する人らしく弟も刺激を受けて勉強するようになったとのことです。良いことですね。

でも、勉強だけでは大変なので遊ぶときは遊ぶとのこと!これもとてもいいことです。特に土曜はしっかり遊ぶんだそうです。その日も弟、ルームメイト、何人かのロシア人女子と夕食を食べ深夜0時にクラブへ行ったとのことです。

そもそも、夕食の時からウォッカを飲んでいたらしいです。それでほろ酔い気分でクラブに入ったとのこと。その後、ロシア人女子に結構飲まされ、徐々に記憶が消えていったとのことです。恐らく600mlは飲んだとのこと。死にますよ普通は笑

気づいたらクラブの床で寝ており、警備員に外につまみ出されたとの話でした。いやぁー信じられないですね。しかも深夜2時とかの出来事らしいです。その後は記憶がないのですが帰ったのは4時くらいと言ってましたね。当然それから2日酔いだったとのことです。

いヤァー、さすがですね。危険すぎます。クレカとか取られたらどうするんでしょうね。そもそもウォッカなんてロシア人ですらあまり飲みません。これはうまく大学に進学したとしても心配です。

出願

さて、そんなおバカなことをしておりますがあと3ヶ月で入試です。その結果でロシアの大学に進学できるか決まります。

私としましては、色んな大学に出願しなさいと言っております。というのもロシアには外国人用の政府奨学金制度がございます。この制度ですがロシアの中で6校まで出願することができるのです。その内どこかで貰えれば、そこに無料で通うことができます。

ですので、今通っているクラスノダールの大学、隣の都市ロストフの大学、ウラジオストク、カザン、サンクトペテルブルグ等、とりあえず出願をして奨学金が降りたところで行くべきだと伝えました。

が、

出願は隣の都市ロストフにある南連邦大学しか出さないとのことです。クラスノダールの学部はなぜか奨学金適用外とのことで普通に授業料を払うタイプの出願です。

なぜ、それしか受けないかと聞いたところ「他は寒いから」とのことです。自分の将来よりも気温が大切っぽいです。困ったちゃんですね。

ロストフの大学が受かれば御の字ですが、中々難しいと思われます。

※一応弟の留学ブログは以下です。

ロシアの大学行っていいか?

※最新記事は以下から

「大学受験で全落ちした弟の話 その9」


SNSでもご購読できます。

コメント

  1. たく より:

    お、更新してた。弟くんオモシロイのぉ

コメントを残す

*