関心がない・・・どこに入れても変わらない・・・選挙の意味を考える


 

投票

投票

こんにちは。ゆとり系ふざけブロガーのヨシナオです。普段はいっつもふざけたことしか考えていない私ですが、意外と興味あるのが政治学の分野です。地方の自治から国際政治まで分野は広いですが、幅広く関心を持ってます。

今日は、2016年7月10日!参院選の投票日になります。せっかくなので選挙について少し記事を書いてみたいと思います。

選挙に行く意味って本当にあるのでしょうか。また、政治に無関心な日本ってこれからどの方向に向かうのか。考えてみたいと思います。

選挙権という権利

今年から18歳以上の男女に選挙権が与えられるようになりました。これによって、高校生でも18歳に達していれば選挙に行くことができます。

「選挙に行く」ってどういうことでしょうか。

単なる一票かもしれませんが、それは「社会を築く行為」であり「政治に参加すること」です。これは義務ではなく権利ではありますが、18歳以上になるということはそういった権利を与えられることとなります。

この権利、生かすも殺すも全て本人次第です。別に行かないでもいいわけです。現に、選挙に行く人はどんどん減って行っております(総務省ホームページより)。

でも、なぜ行かない人がこんなに増えているのでしょうか。ここを考えないと、いくら声高に選挙権を謳っても意味がありません。

選挙に行かない理由①政治ってつまらない

政治が好きな人ってどれほどいるのでしょうか。ほぼほぼいない気がします。国会中継を見てもつまらないですし、何が議題になっているのかさえ分かりません。

特に、日本の若い人にとってみれば政治なんて至極つまらないものでしょう。逆に政治に関心持ってる人の方がおかしいのではないかと思います。

実際に、駅前とかで政治活動をしているのは爺さん婆さんばかりです。若者で政治活動をやってるのはSEALDsくらいでしょうね。

つまらないとどうなるか。当然、関心が湧かなくなります。

よく、大人が「若者は政治に無関心だ」と批判をしていますが、つまらないものに対して興味を持つ方が難しいです。

そう考えると、つまらない政治に関わること自体が無駄であり、選挙に行くことがなくなるのも当然ですね。

選挙に行かない理由②どの政党を支持すればいいのかわからない

senkyo_rikkouho

政治そのものに興味がないっていう人はハナから選挙なんて行きませんが、政治に関心はあるのだけれど、どこを支持すればいいのかがわからないという人も多いのではないでしょうか。

僕は、この現象がとてもまずいものだと感じています。要は、政治家のヒーロー性が全くもって皆無な状態だし、各政党の指針が国民に浸透していない状態だからです。

「どこを支持すればいいのかわからない」という人の感覚も極めて普通のものです。

むしろ、こういう人が多くいるということは政治家自身が重く受け止めないといけません。

本来は、各政党が己の価値観を全面的に出して、政党同士がバチバチ争うものです。でも、日本ではそれが起きていない。メディアもその役割を果たしていませんし、どの政治家が何をしようとしているのかは自分たちで調べないといけない状況なのです。それはとてもめんどくさいですね。

国民が選挙に行くにはまず国のシステムを変えるべし

今見てきたように、昨今の状態だと政治に関心を持ったり選挙に行ったりする方が珍しいって方がしっくりきます。

でも、やはり選挙は行った方がいいというのが僕の意見です。

でも、そのためには国も国民自体も変わる必要があります。

特に、国は政治に対して興味を持つようなシステムを築かないといけません。根本的に教育から変えないといつまでもこのままです。

そもそも、国民が問題意識を持ってないというのが大問題です。暉峻淑子氏の『豊かさとは何か』という本で西ドイツの自助グループの話が出てきます。西ドイツには市民の政治団体が4万以上あり、日々、老人問題や、差別、環境、女性の権利とうの問題について議論したり時には行動を起こしております。

日本じゃ、そのような団体は爺さん婆さんのサークル化しております。

先の暉峻氏の『社会人の生き方』という本でもドイツの小学校ではデモの現場に行って不満を持つ人を見せたり、政治家を教室に招いたりして政治に関心を持たせる教育をしていることが載ってます。

日本は教育から変える必要があります。

国民がすべきこと①不満を洗い出す

国家だけが政治に関心を持たせるのではなく、国民も意識から変わる必要があります。ただ、政治に興味を持つのに何をすりゃいいんだ?っていう人が大半だと思います。

でも、政治に関わる出発点は意外と簡単です。

それは、「生活をしている中での不満を洗い出してみること」です。

例えば、大学生になったばかりの1年生が20にならないと酒が飲めないことも立派な不満です。

18歳を大人とみなして選挙権を与えるのなら、アルコールを摂取する権利もついでにくれっていう論理も成り立ちます。

また、税金が高すぎとか労働時間長いとか激務だといった内容も充分立派な不満です。実際に今はブラック企業という言葉も一般化してますし、「ブラック企業撲滅」というマニフェストを掲げた政党だってあります。

まずは自分の日々の生活でウザいなーと感じたことを大事にして、メモなりをしてみましょう。そこから政治への関心が生まれてくるものです。

国民がすべきこと②外国に行ってみる

海外旅行に行ってゲストハウスに泊まり、外国人と話すと十中八九政治の話になります。これがまた不思議なもので、日本のビジネスの場ではタブーとされている「政治や宗教の話」なんかは世界じゃ最もポピュラーな話題です。

そして、外国の若い人もしっかり自国の政治状況や他国への関心を持ってます。昨年に私は一人でロシアに行って18歳のロシアンガールと夜通し話していましたが、自分の国のシステムや汚職状況等をきっちり教えてくれました。

僕も日本の政治システムや北方領土の話も触れて語りました。海外じゃ政治に関心を持つというのが普通で、むしろ政治は日常の一部みたいな感覚です。だから、何も知らないと本当に恥をかきます。高校卒業したばかりの女の子がちゃんと話せるんですから。

また、ニュースを見ればわかりますがイギリスのEU離脱騒動ではジョー・コックス議員が殺害されました。とある地域では政治に関して意見を言うことと引き換えに命を失うこともあります。

日本は結構温い環境ですが、海外では政治に関して命をかけたりもします。そう考えると今当たり前のように得ている選挙権が尊いものだってことがわかります。日本と海外を比べましょう。

まとめ:自分なりの政治観を持つ

日本に生まれて日本で暮らすのなら、この国をもっと誇れる国にしたいと思いませんか?今、テレビでは「ニッポン」がいかに外国から称賛の目で見られて、いかに素晴らしい国であるかということを紹介する番組が多いです。

でも、それって本当なのでしょうか。それだけ称賛される国なのに、なんで毎年3万人近くもの人が自殺しているのでしょうか。1日に100人もの人が自ら命を絶つニッポンはおかしくないですか。

また、本当に生きてて不満はないのでしょうか。僕はそんな人は皆無だと思います。

この国だって完璧じゃありません。北欧の国なんて教育も医療も福祉も全部国がお金を負担してくれます。それに比べりゃニッポンは社会福祉に金が掛かりすぎです。これも政治の違いなのです。

国民が政治に本気で関心を持てば、この国はさらによくなります。そのための第一歩が選挙です。だから、選挙に行きながら政治を勉強することは自分の未来を良くすることです。

ぜひ、多くの人に気づいて欲しいです。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*