まだ居酒屋で消費してるの?これからの季節は公園飲みでしょ!


yoru_enkai_souon

ゆとりブロガーのヨシナオです。突然ですが、まだ皆さんは居酒屋で消費してるんですか?4〜5,000円も払って周りがうるさい中で飲んでいるのですか? 僕は居酒屋ではほとんど飲みませんね。

高いし暑いし開放的じゃないし、制限とかあるしってことで不自由なんです。 季節的にもこれからの季節は絶対に公園飲みですよ!

なんで公園のみが最高かと公園飲みのポイントを紹介いたします。

開放感

公園飲みが素晴らしい一番のポイントは開放感ですね。とにかく店の中と違って、開放的で自然の風を感じることができるという点が最高です。

真夏は暑いですけど、夜だと少しは気温が落ち着きますし、外で冷えたお酒を飲むのは超楽しいです。

僕は学生の頃から公園飲みをやってますけど、男女問わずみんな楽しんでます。

なぜかわかりませんが、男女で公園飲みをすると少し青春を感じます笑

また、都内とかで良い公園を探すきっかけにもなりますね。結構あるんですよ。公園飲みに適した公園ってね。そういう公園で飲むのって気分が開放的になって最高です。

コスパが最高

公園飲みがオススメな点の2つ目はコスパが最高なところです。とにかく安い!居酒屋で飲むより断然に安く飲めるわけです。

「貧乏くせー」とか「公園飲みよりも一流のところで飲まないといけない」なんていう金持ちの方はブラウザ閉じてください。

居酒屋なんて安いところでは、ビールが300円くらいですが、普通に中ジョッキで500円以上するところがザラですしね。

公園なら、ビールはスーパーで買って350mlで200円くらいです。チューハイも200円超えることはないですし、つまみなんてめちゃ買っても700円くらいじゃないですか?

僕の場合は、ビール2本=400円とチューハイ2本=300円とポテチ=200円で1,000円を超えることはありません。

居酒屋だと普通に4-5,000円くらいしますからね。これを考えれば1,000円以下ならどんだけコスパがいいか!

僕は飲み会での楽しさって後に残るものでも人生に役立つわけでもないので、とにかく安く抑えることが大切だと考えてます。高い金を払うのは勿体無いと感じます。

同じ考えの人がいたら絶対に公園飲みをしたほうがいいです。飲み会で使っていた無駄金を他のことに使えますよ。

公園飲みをする際に抑えておきたいポイント

さて、公園飲みのメリットがわかったところで、公園飲みをする際に役立つポイントを整理しましょう。

お酒やつまみはスーパーマーケットで買うべし

抑えたいポイントの1つ目は、お酒と食材はスーパーで買うことです。

まず第一に安さです。コンビニで買うよりもスーパーで買ったほうが安いです。特にお酒に如実にその差が出ます。大体缶ビールで50円くらい差が出ますもんね。安く抑えられるっていいじゃない!

もう一つの理由が、保冷用氷の存在です。これはあるところとないところがあるのですが、レジにて精算が終わった後に、品を袋詰めする台の横とかに設置されています。この保冷用氷のおかげで、飲み物を外でもキンキンに冷えた状態にできます。

僕の場合は、公園のみ上級者なので、いつもバッグに食塩を入れており、保冷氷に食塩をかけて保冷効果を倍増させます。氷って塩をかけると温度がマイナス13度くらいにまで下がりますからね!

ダイエーやマルエツグループのスーパーは保冷用氷を置いている場合が多いです。上手にスーパーを使って質が高い公園飲みをしましょう。

公園で必要なのはトイレ、水場、芝生だ!

公園飲みをするときの公園に求められる条件はなんでしょうか。公園飲みを長年やってきた私としては、まずトイレがあることです。これがあれば、公園で飲んでてトイレに行きたくなった時も普通にいけます。

逆に、トイレがないと困りますからね。途中で抜けて近くのコンビニに入るのもありっちゃありですが迷惑ですし、しばらく不在になりますしね。だからトイレは必須です。綺麗なトイレがあるところなら最高ですね。

次に必要なのは水場です。水道があるところでも池があるところでもいいのですが、水があると何かしら便利です。

飲み残しのお酒とかはそこで処分できますからね。もちろん、飲み残しなんてしないほうが良いのですが、やむをえない場合もあるわけですから、そんな時は捨てられる場所があったほうが良いです。

そして、最後に芝生がある公園を選べたら最高です。

究極、寝ることもできます。

何よりも砂ホコリが舞わないってことがいいんですね。シートを敷けば地べたに座れますしね!

ってことで好条件の公園でこれからの季節は飲み会を楽しみましょう。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*