なぜ社内恋愛をするのか

%e7%a4%be%e5%86%85%e6%81%8b%e6%84%9b

こんにちは。ゆとり系恋愛評論家のヨシナオです。

みなさん、恋愛してますかー?僕はロシアじゃなかなかの人気者です。

基本的にロシア人は日本に興味があるし、西洋人の中で最も彼女にしやすいと思います。

でも、意外と日本で多いのが「結婚するなら日本人」とかいう古臭い価値観です。もうそんな時代は終わってます。もっと、外国人と結婚しましょう。

だって日本人と結婚って全然運命を感じないし、つまらないですからね。いろんな出会いがありますけど、どこにでもありそうな類ばかりです。

特にその中でもつまらないのが社内恋愛です。世界が最強に狭いですよね。僕は社内恋愛している人の気が知れません。ちょっとやばいんじゃないかなと思うくらいです。

でも、人はなんで社内恋愛をするのでしょうか。

その理由は明白なので、今日解明いたします。

社内恋愛してる人はヒマである

結論から言いましょう。社内恋愛をする理由、それはヒマだからです。

これは間違いありません。日本の会社は基本的に忙しいです。その忙しい時に他人に恋心が芽生えるということは、それだけの余裕があるということなのです。

忙しいと、どんなに可愛いもしくはかっこいい異性がいたとしても、その人に関心はいきません。

大量のメール、いろんな部署からの電話、お客さんからの電話等やることがたくさんです。

人が異性に恋心を抱くのには一定の期間が必要です(僕がロシア人に恋を抱くのにかかる時間は1秒弱)。業務内に密かに恋心を抱いているということは、仕事量的にも余裕である証拠なのです。

僕も実際にそうでした。仕事が暇な時がありましたが、その時は異性の服装や髪型のチェック、金曜の夜にどこに飲みに行くか、異性別カップの大きさ表作成等、くだらないことばかりやってました。それだけの余裕があったのです。

でも、仕事が忙しくなったらそうはいきません。「ただそこにいる人」という感覚でしたね。

ですから、社内恋愛から結婚に至ったケースがあったとしたら、当事者の上司は彼らの仕事量を考え直さないといけません。明らかに暇なんですから。

社内恋愛してる人は市場価値がないこともある

もう一つ、社内恋愛で他部署の人と結ばれるケースもあります。会社内出張や、会社でのパーティーで出会った人とかですね。

そういう人の場合、彼らは会社外の場に出るとモテないケースが多いですね。つまり、社内では人気だけど、あくまでも会社内のマドンナ的な感じです。

特に男が多い会社のマドンナは、ブッスな人が多いです。男たちも外に恋愛を求めないので会社内の女性だけで打線を組んでしまい、結果的に目が麻痺してしまいます。

やはり、大事なのはいろんなコミュニティーでいろんな人と会って自分がどう見られているのかをリサーチすることです。

社内恋愛をしている人はつまらない人

そして、もうひとつ言えるのは、社内恋愛をしてる人は現実的な思考しかしなくてつまらない人が多いです。

私のように、1回目ロシア人、2回目中東系の人、3回目ノルウェー人というふうに美女と楽しく賑やかな生活をしたいという風な理想はないと思われます。

「社内恋愛」って運命的な響きがありません。「運命」とかキンも〜!頭の中お花畑じゃんと思う人がいるかもしれませんが、いろんな言葉で「運」や「運命」という単語が存在する以上、人生には劇的な運命があるはずなんです。

そういうのがなく、毎日通っているコミュニティーだけでしか恋愛できない人は正直つまらないですね。

やっぱり、男女の恋愛っていうのは昔からいろんな文化を生んでます。日本最古の源氏物語もそうですし、世界中で読まれている村上春樹の『ノルウェイの森』もそうですし、映画も絵画もみんなそうです。

それだけドラマチックなものだからこそ、みんなもっと運命的なものを信じていいと思うんですよね。

社内恋愛なんていう暇人のお遊びをしてないでもっと外で運命探しましょう。

私も海外で頑張りますよ!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*