仕事論

内定をもらった人は大学生活を存分に楽しむべし

石垣島

石垣島

こんにちは。グダグダゆとりブロガーのヨシナオです。今日は休みにもかかわらず朝早く起きて会社に行き、サービス出勤をやってやりました。仕事量が私だけ変則的に多い気がします。本当に日本の会社はふざけてますね。若い人になんでも押し付けちゃうのですもの。

昨日、ゼミの飲み会に行きました。 続きを読む

就活生は「会社に入ってやりたいこと」より「人生でやりたいこと」を考えるべき!

syukatsu_group_mensetsu

こんにちは。ゆとりーマンブロガーのヨシナオです。明日は月曜日っていうことで会社に行かなきゃなりません。困りますね。好きじゃないことをやってても効率悪いし生産性が悪いのです。

さて、世間の就活生は6月から面接がスタートらしいですね。なんか6月に解禁なのに既に内定をもらっている人が半数というニュースがありましたね。

SNS上では就活生が「就職できますように!」って祈るような投稿をしています。でも、それを見て僕は疑問を感じたのです。就職ばかりに気をとらわれていてもっと肝心なことを忘れていないのかってね。 続きを読む

まだ会社員で消耗してるの?

 

ペコペコ

ペコペコ

 こんにちは。ゆとりーマンブロガーのヨシナオです。タイトルが完全にイケダハヤトさんのパクリですね。イケハヤさんのブログってサラリーマンたちに喧嘩売ってますけど、言ってることが真実なので言い返せないんですよ。はっきり言ってサラリーマンは人生消耗してると僕も思います。特に日本のサラリーマンの人生って悲痛なくらい虚しいものです。 続きを読む

ゆとり世代が感じたサラリーマンの理不尽さ④

会議

 ヨシナオ「すみません、これ、どうやって考えるのがいいのでしょうか?これまでやってた方法とか教えてください」

昭和世代の同僚「そんなのも自分で考えられないのならあんたはいらない」

ヨシナオ(心の声)「こいつ、救いようの無いバカだな〜。考えさせるよりも教えたほうが早いっつうの」

こんにちは。ゆとりーまんブロガーのヨシナオです。「ゆとりーまん」とは「ゆとり」と「サラリーマン」を即興で組み合わせただけの僕の造語です。今回も人生におけるクソゲーであるサラリーマンをやってて経験した理不尽さについて書きます。 続きを読む

仲宗根梨乃の生き方がカッコよすぎる!

仲宗根梨乃のsiteから

仲宗根梨乃のofficial siteから

昨日、夜のNHKスポーツで大相撲を見た後にたまたま日テレを見ていたら「Another Sky」という番組を放送しててそこに出演していたダンサー&振付け師の仲宗根梨乃の生き方がカッコよすぎた!もう人生めっちゃ影響されてしまう!生き様が最高のエンターテイナーです。 続きを読む

一所懸命就活してる人が偉くはない

10367004684

こんにちは。現サラリーマンブロガーのヨシナオです。サラリーマンをやって2年ですが、もう飽きました。充分です。同じことの繰り返し&理不尽の連続で毎日が楽しくないですね。さて、そんなサラリーマンになることが夢である日本の就活生の就職状況はどうなのでしょうか。 続きを読む

ゆとり世代が感じたサラリーマンの理不尽さ③

GREEN_MI20140125_TP_V-2

 上司「暑いんだけどぉ〜 ちゃんと快適な温度空間作ってよ」 ヨシナオ(心の声)「は??そんなもん自分でやれよ!エアコンのスイッチ押して温度調節するだけだろ!大体、上司と部下とはいえその主従関係は違うだろ!いつからオレが第三身分でそっちが第一身分(フランス革命時の階級制度)になったんだよ!続きを読む

ゆとり世代が感じたサラリーマンの理不尽さ②

上司「もう、ゆとり教育も見直されるって!ゆとり世代残念だね!」 ヨシナオ(心の声)「はぁ〜?? 頭腐ってんじゃねーの!?むしろ成熟国家に必要なのはゆとりだろ!鬱病患者とか毎年増加してるのとかわかんねーのかよ!過労死なんてKaroshiっていう英語まで出来たんだぞ!不名誉すぎだわ」 続きを読む

会社辞めても生きていける方法を考えてみた

 最近、自身のSNS等で友達の「転職しました!」だの「会社辞めました!」という投稿を目にする機会が多くなりました。ちょうど新卒3年目に入ったところなので、周りのみんなも最初の会社の悪い所が目に付いたり、自身のさらなるキャリアアップを考えたりする時期なのでしょう。私も現在その真っ只中にいます。いつ辞めるかはいいとして、次に何をやるかということが大切ですね。私は海外に移住希望ですがその為にはどうしてもお金が必要ですし、勉強もしたい。別に、会社が嫌だという理由で辞めた人でも、生きるためには最低限のお金は必要です。ということで会社を辞めて(夢に近づくために)どうやって生きればいいかを考えてみました。 続きを読む