人生

嘘をつくこと/話を盛ること

はい。どーも。

つい先月にこっちに住む日本人夫婦に誘われてクリスマスパーティーに参加しました。その夫婦の娘さん二人と、別で来たエストニア男性と日本人女性の夫婦(with三人の子供)も加えて。

その際に私は子供達と遊んでいたのですが(実際は教育をしていた)、子供達からつけられたあだ名は嘘つきオジサンという散々たるものでした。

しかし嘘をつくということと話を盛ることは全く違います。嘘をつくのはいけないことです。ましてやそれで人を騙すのならば。それよりかは話を盛る方が良いでしょう。

続きを読め!

結局は初志?

久しぶりにGoose Houseの音楽を聞いた。自分はいわゆる「あの人は今」的な事が気になってしまう。

あの頃名声があったり輝いていたりしていた人は今何をやっているのだろう?という風に。

Goosehouseはめちゃ流行った音楽グループだった。メンバーが可愛かったり、イケメンだったり歌がとても上手だったりする。

その中で、私的にとても気になる人がいた。そして、その人はやはり最も成功しているというか今でも注目されている気がする。

続きを読む

ネットの功罪 留学編

インターネットって、確かに良いものだと思う。しかし、その功罪は計り知れない。

今回は留学生のネットの功罪について最も大きい問題を語ろう。

続きを読む

フラッシュバック

ここ最近、図書館で静かな中で課題と向き合っているのだが、これが極めて自分を悩ましている。簡単に言うとフラッシュバックがあまりにも酷くて、勉強に集中できない。

今日、この記事を書くのもそれが原因である。少し自分でもやばいのではないかと思っている。

何のフラッシュバックかというと、元父親である。この人間とは昨年絶縁を果たしたのだが、彼から言われたことが頭にこびりついており、何とかしてこいつに復讐したいと思ってしまうのだ。自分として縁を切って、自分のための人生を歩むつもりだったが、最近寝不足の中で夢にまで出てきており、かなり限界を感じている。

続きを読む

住む場所についての考察

人はある場所で生まれ、ある場所で死んでいく。住む場所を転々とする人やずっと止まる人がいる。どこに住むかという問題はその人の価値観を覗いているようで楽しい。自分の意志でどこかに住む人や、自分以外の意思により住む場所が決められてしまう人もいる。まさに人それぞれだ。

自分もどこに住みたいかどこに住み着きたいのかを考えることがあるが、自分の今のところの結論は、住む場所には永遠に満足しないというものだろう。

続きを読め

理想主義と現実主義のバランス

人間誰しも理想があり、社会に対して自分の理想を反映させたい生き物である。一方でその理想に立ちはだかるのが現実であり、どれだけ理想を思い描いても現実はそうはいかない。

私自身も結構な理想主義者ではあるが、学問なんかも学んでいるうちに例えばリアリズムとリベラリズムに甲乙つけがたいなと感じるようになった。どちらも利点と欠点がある。

それでも理想に走りたいという気持ちは尊重されるべきであろう。一方で大事なのはやはりバランスなのだなぁと考える日々である。

続きを読め

年末年始の出来事

ということで2022年になりました。令和四年ですね日本的には。自分は特に何もしておりません。ずーっとYoutubeを見ております。

ちと体調があまり良くないのでずーっと家にいます。

続きを読む

なぜ日本は「稼がない男」に対して厳しいのか→当たり前だろ!

今日は、へフェリンサンドラ氏の論考について物申したいと思います。

こちらの記事です。

こちらの記事の中でドイツ人のへフェリン氏がいしだ壱成の離婚について、うつ病の壱成を叩くのはおかしいということを主張しております。なぜなら、うつ病は誰にでもあることだし、叩いてしまうのはどうなのか?ということらしいです。

これに対して、私はそんなにいちいちうつ病だかなんだののファッションに対して擁護してたら国が回らなくなってしまうし、真面目に生きている人に対して失礼なんじゃないか?という意見を持ってます。見てみましょう。

続きを読む

日本でダメなら海外に行けば成功する?

久しぶりに令和の虎を観た。今回の志願者は25歳でベトナムで起業したいという青年。実はベトナムで起業したいというよりも日本で馴染まなくてベトナムに逃げたいというのを社長達に見透かされてしまう。

社長達は全力で彼を止める。日本でうまく行かないからベトナムに行けばうまく行くと考えるのは間違っていると。

これは非常に私にも刺さった回であった。観ながらこの志願者をクズだなと思ったが、それはまさに自分自身を観ているようだったからだ。

続きを読む

生きることは宗教

先日、通りを歩いていたら宗教の勧誘を受けた。刈り上げでネームプレートをつけている男の子三人組でミッション系の宗教だと思う。興味ある?と聞かれて無いと答えた。

後でアメリカ人と話していたら、それ多分モルモン教とのことだった。髪が短いのが特徴で基本的にモルモンはお酒の禁止、コーヒーの禁止、おしゃれの禁止、かっこいい髪型の禁止だからだという。

ついでにアメリカは宗教がかなり存在する国だということも教えてもらった。考えてみれば日本もとても多い気がする。ただ、一見無宗教の人に見えても宗教的な考えをする人も実は多い。むしろ、お前宗教に入っているんじゃないか?と疑うべき人がいる。

続きを読む