【エストニア大学院留学】いい奴の国に行きたい

ども。ヨシナオです。

課題が忙しくなってきました。かなり、大量のアサインメントがあります。きついな〜というのが正直なとこです。

来週までに220ページくらい読まないといけません。普通に考えて無理ですね。最近は論文のイントロと結論を読んで、あとはテキトーにスキミングをしております。日本語で関連の知識を調べたりとかもしてます。

というかそれをやらずに、頭から読んでいたら時間もないですし、結局理解できません。

ただ、これだと力がつかないので、英語は別で勉強しております。じゃないと、全く語学力が伸びないのです。

今日は、いい奴だなーと思う人の母国に旅行に行きたいなという話です。

人は見た目が9割

これ、聞いたことがある人が結構いるのではないでしょうか。

一時期ベストセラーになった本のタイトルです。私も読みましたが、新潮新書らしくタイトル詐欺でした。この本の言いたい事は結局、人は印象が大事だよという事です。振る舞いなどのノンバーバルなコミュニケーションがその人の印象を決めてしまうよという内容でした。

ただ、この本の言わんとしている事は結構合っているなと思います。

昨日も書きましたが、振る舞いがいいやつを見ると、この人の国っていい奴が多いなという印象を受けます。いつもニコニコしているスウェーデン人を見ると、そいつの性格かもしれないのに、「スウェーデン人っていい奴だなーと思うのです。

本来はしっかり統計をとって国民性をあぶり出すべきなのに結局、一人の振る舞いが全てを印象付けてしまいます。

仲良い奴の国に行きたい

なので、結局自分と仲が良かったり、印象がよかった人の国には行きたいなと思います。

ちなみに、最近私はアメリカ人とジョージア人とよく飲んでいるので、彼らの国に興味があります。

結構、私は反米の人なのですが、アメリカ人と絡んでいるとアメリカ行きたいなーと思います。

ジョージア🇬🇪は行ったことがあるのですが、ここはまた行きたいなと思います。私にとって食べ物も自然も最高な国でした(関連記事はこちら)。

あの雄大な大自然と、国のどこからでも湧き出るミネラルウォーターは忘れられません。食べ物もお酒も最高に美味しかったです。あれはまた行きたいな。

そして、意外と印象が良いのがウクライナ。

ウクライナ人、結構フレンドリーですし頭もめちゃくちゃ良いです。しかも、英語もめちゃくちゃ上手。

私は一度旅行をしたことがあります(関連記事はこちら)。街も綺麗ですし、女性も綺麗ですし、食べ物もとても美味しかったです。そして、何よりも物価が安い。驚くほど安いです。

留学していてウクライナ人とお話をするたびに、また行きたいなーと思います。

正直、一度旅行した時はロシア人の彼女がいた時でもあり、もう二度と来れる事はないのだろうなぁと思ってました。

でも、彼ら/彼女らと話していると不思議と行きたくなってしまうのですよね。もう一度行きたいなぁ。

逆もまた然り

私的には、逆に外国人留学生達に、日本に行きたいなぁと思わせなければなりません。

先進国の人は日本のことをよく知ってますが、ウクライナのような国の人にそう思わせたいというのが正直なところです。

仲の良いジョージア人は日本にいつか行ってみたいと思い描いているので、存分にもてなしてあげたいですね。

ただ、現在の私は日本にのうのうと帰れる程の人間ではないので、まずは自分がしっかりしなければなりません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*