石原さとみの結婚相手は創価学会員なのか?


[https://mainichi.jp/articles/20190501/k00/00m/050/221000c]

今日は留学と関係ないことを書きます。

女優の石原さとみさんが結婚されましたね。このニュースはまたもや日本のワイドショーを賑わせているでしょうね。

しかし、芸能ネタは政治ネタと同じくらいの注目を浴びますね。ここ最近続いた大物芸能人達の遺書無しクローゼット首吊り自殺からの大物女優の結婚ネタと不思議なくらい芸能ネタが続きます。

とある人が言っておりましたが、まるで全て計画されているようですね。芸能事務所に関する事は天皇家と同じくらいタブーな事ですから、あまり詮索しないようにしましょう。

今日は、石原さとみさんのお相手について独断と偏見で創価学会員なのかどうかを綴りたいと思います。

石原さとみの結婚相手はほぼ創価学会員

結論から言いましょう。石原さとみさんの結婚相手はほぼ創価学会員と見て良いと思います。

もちろん、これは私の独断と偏見でありブログという自由な場所なので発信しております。信じるか信じないかは読者様次第です。ご自身のリテラシーと相談して真実かどうかは判断していただきたいです。

私がなんでお相手が創価学会員だと思ったかというと、出されたコメントにあります。

[https://mdpr.jp/news/detail/2246171]

この文章ですね。

この文章の中で「彼となら様々な事を共有しながら、どんな困難も乗り越えていけると確信いたしました。」という一文があります。

この、どんな困難も乗り越えていけるというのが創価学会の教義と一致しております。

創価学会は宗教です。宗教というのは多くの信者を獲得するのが勤めです。創価学会が属する日蓮正宗系の派閥では、会員を獲得することを折伏(しゃくぶく)と言います。

折伏は自分の友人やら未入会の家族などを会員にする行為ですが、その際によく使われる言葉は「この宗教はどんな困難も乗り越えていける」というものです。かなり頻繁に使われる言葉です。

これをプレスリリースで出しているあたり、石原さとみさんの創価学会に対する忠誠みたいのを感じます。昔、テレビでプロ野球楽天の岩隈選手の特集を見た時に奥さんが「冬は必ず春となる」という言葉を使っていて、創価学会の宣伝じゃん!と思ったことがあります。今回もそれに近いものを感じますね。

その他、「桜梅桃李」という言葉も学会用語です。創価学会にはキラーフレーズのようなものがあり、これを使っている人は創価学会員だなというのが簡単にわかります。

信心強盛

創価学会員を指す言葉として「信心している人」というのがあります。そして特に熱く活動している人を「信心強盛(しんじんごうじょう)」と形容します。

石原さとみさんの家庭は信心強盛と言えます。なぜなら彼女は創価高校出身だからです。でも、不思議なことにwikipediaには書かれておりませんね。これ、何かありますね

創価学会員はかなりいますが、創価系の学校に通えるのはほんの一握りです。そして、創価系の学校に行き創価大学か創価女子短大を卒業した人は、創価学会内では物凄いエリートとして扱われます。

創価学会の組織は会社の組織みたいになっておりますが、幹部クラスはほぼ創価大卒です。高校生なんかは創価大学を目指すように言われます。中には東大を蹴ってまで来る人がいます。

早慶上智よりも創慶上智の方が正しいかもしれません。

話がそれました。創価学会員の中で創価系の学校に進学する子は親がかなり信心強盛です。普通は地元の公立に進学するでしょう?それをわざわざ創価学会系の学校に進学させるのだから相当なのです。

石原さとみさんもその例に当てはまります。そして、創価系の学校を出た人はほぼ信心強盛な人が多いのです。

知人の紹介

また、知人の紹介というのも非常に気になります。

そもそも、知人の紹介って何なのでしょうか?そして、石原さとみクラスの人を一般会社員に紹介するって何なのでしょうか?私の友人に会社員で石原さとみの大ファンがいますが、残念ながら彼は紹介されておりません。

一体誰が一般の会社員を紹介するのでしょう?

私はこれも創価学会の会員経由の可能性が高いと思います。というのも、創価学会では未婚の人同士を紹介することがよくあるからです。

創価学会員のほとんどは幽霊部員で活動をしておりませんが、一部の活動している人は独身が多いです。特に女子部といわれる若い女性達は未婚率が非常に高いです。恋愛そっちのけで宗教をしておりますからね。

そして、気づけば40代なんてザラです。さすがにそれはやばいので壮年部や婦人部と呼ばれるおじちゃんやおばちゃんが紹介したりします。これが創価学会内の一種のお見合いみたいなものです。

石原さとみも同じように紹介してもらったのではないでしょうか?ただし、その辺の一般会員ではなくて特別なグループに所属している人だとは思います。

 

以上、私の独断と偏見に基づいた推察でした。

最後に一つだけ言わせてください。オレをさとみに紹介しろー!!!


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*