【30歳脱サラ海外大学院留学】 英語の授業についていけない


こんにちは。ヨシナオです。

30歳で脱サラしバルト三国のエストニアの大学院に入っております。文系なのでいわゆる世間で言うと「大学院行って意味あんの?」ですが、意味があるかどうかは本人が決めることなので、自分はあまり気にしておりません。むしろ、これまでも破天荒な人生でしたので特に気にならないのです。

大学院の授業が始まって今日で3週目ですが、とにかく英語の授業についていけない、課題が読めないで毎日パニック状態に陥っております。

いやぁ、非常に困ってますね。正直舐めてましたわ海外大学院。英語圏ではないしいけるんじゃねー?とか軽い気持ちでしたが、とんでもない。周りはすげぇはやっているレベルは高いわで厳しいです。

一応の英語力

なんの役にも立ちませんが、最初に私の英語力からお話ししましょう。英語ができるかできないかって非常に難しい質問だと思います。人によって英語ができる基準が違うからです。

日本の場合は英語が話せるかどうかで英語ができるかどうかが決まる傾向にあるようですね。例え内容が中学レベルであっても外人と話しているということが英語ができる基準となるようです。

そういう意味では私も自己紹介や好きな食べ物くらいは言えるので英語ができるのかもしれませんね。ただ、大学院ではそんなの関係ありません。

うちの大学院の基準はIELTS5.5でした。かなりハードルは低いです。

私はIELTSの点数が6.5です。

他には英検準1級を持ってます。TOEICは受けようとしたのですがコロナの関係で受けられませんでした。模試みたいので自己採点したら850点くらいでした。

日本の中ではまーまー英語ができるくらいではないでしょうか。

IELTS6.5なんて役に立たない

実際にこちらに来て、社会科学系の授業を受けておりますが、まぁチンプンカンプンです。日本人が得意としているリーディングですら、課題分をまともに読むことができません。

確かに内容的に、methodology, ontology, epistemology とかの難しい内容であるのは間違い無いのですが、クラスメートとの会話すらまともにできません。なので、授業中はグループディスカッション等で相槌を打つ係になっております。会話に入っていけません。

一言で言うと、舐めてましたね。しかもエストニアだから大丈夫とか思っていたけども、入学試験が簡単な大学の割にレベルがまーまー高いのです。自分が所属する国際関係論のコースは世界ランキングでは100-150位で日本の大阪大学と同じレベルです。

私は明治卒なので全く場違いのハイレベルな学校に来てしまったことになります。

正直IELTS6.5なんて実際に留学したらクソの役にも立たない数字だなと思いました。

これから本当に慣れるのだろうか

そんなこんなで毎日、言語が分からなくてパニックな状態で過ごしております。私は所詮、日本の大学受験で英語を学んだだけですので、それが実践で通じるのかというと通じなかったということになりますね。

色んなサイトで大学院でついていけないという投稿を見たのですが、慣れるまでに3ヶ月から半年かかるらしいですね。

ただ、私としては疑問です。本当に3ヶ月も経ったら英語が読めて誰かの言っていることができるのだろうかと。

このまま混乱したまま過ごすのでは無いかとビクビクしております。

毎日図書館で課題のアルファベットをひたすら追っておりますね。また、近況をアップデートします。

ありがとうございました。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*