10万円は政府から貰うのではなく返してもらうだけ


[https://livedoor.blogimg.jp/twicchaga/imgs/1/f/1fd76560.jpg]

こんにちは。ヨシナオです。コロナに関して日本の対応が遅いったら遅いですね。

私なんかTwitterでずーっとウォッチしてましたが、与党の政策の間抜けななんのってありゃしません。マスクとかね。

そして、以前から野党が提言してきた国民への現金給付を公明党が強く推して、やっと実現するとのことになりました。(本当に公明党がやったのかね?最後だけちゃっかり仕事した風に見せて、数百万の組織票を持つ支持団体へのパフォーマンスじゃないよね?)

そして、この10万円に対して様々な意見が出ておりますね。

私の正直な感想は、少なくない?しかも、もっと早く給付できんのか?お役所仕事は遅いなー!といったところでしょう。

ただ、この政策を実現させた(?)公明党支持者をはじめ、大変に評価している人もいるとのことです。そして、「批判するなら貰わなくて良い」という言葉さえ出ております。

それに対して強く思うのですが、この10万円って政府から貰うのではなく、自分たちが払った税金が返ってくるだけですよと。

政府の財源は税金というあまりにも簡単なことがわからない連中が多すぎる。

我々は決して日本政府よりお恵みを貰うのではないのです。あくまで自分達が支払っている税金が非常事態の時に戻ってくるだけなのです。

現在、国は外出の自粛を指示しています。これは飲食店や観光業を営む人にとっては危機的な状況です。生活できなくなるレベルです。国がお願いするのだから国がその分肩代わりするのは普通の発想です。

我々は議員の為に税金を払うのではなく、自分達の暮らしがより良くなる為に払っているのです。

今回は、現金給付しないと生活困窮者が出るのです。国からのお小遣いだと思っている人が多いですね。悲しいことです。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*