緊急事態宣言でも日本の会社は変わらない

[https://times.abema.tv/posts/7049135]

ども!ゆとり系ブロガーのヨシナオです。

さて、コロナ関連で遂に4/7から政府は緊急事態宣言を発します。私は首都圏に住んでいるのでその対象となります。

報道では緊急事態宣言はこれまでの外出自粛と特に変わらず、効力が無いという見方もされております。確かに、効力が弱いという議論は的を得ていると思いますが、人々に様々な活動自粛を促すという啓発的な意味では有効だと思われます。

ただ、問題は社会の方というか企業の方にあると思います。この緊急事態宣言が実質的な外出禁止例ではないことを利用して通常通りの営業を要求しているのです。本当にこの事態を乗り切る気はあるんですか?と問いたいのです。

緊急事態宣言の理想

「緊急事態宣言」という禍々しいほどの名称ですが、実質的な効力はないという点は多くのメディアによって指摘されております。こちらの記事では海外のロックダウン(都市封鎖)との違いを指摘しております。あくまでも住民の不要な外出自粛は要請であるとのことなのです。

確かに、外出自粛要請はここ二週間の週末に東京都が呼びかけてきましたし、埼玉県は平日も外出自粛要請が出ておりましたので、内容的にはそこまで変わりません。

ただ、この宣言は人々への啓発という意味と企業への就業形態の変革を促す意味で効果はあると考えられます。

現状、感染源がどこでも存在するという点で不要な外出を控えることになる人もいるでしょう。もちろんちょこっと買い物に行ったり散歩したり運動したりというのは不要な外出ではありません。それこそ複数人で飲み会したり等の活動の自粛という意味です。

また、企業なんかは従業員が感染しないようにテレワークを勧めたり、時間差出勤等の要請を出したり等の策を講じれます。実際にそれが機能している会社もあります。

今や、ネット環境でオンライン会議もできますし、書類のやり取りなんかはデータ送信でできる時代です。学校の授業だって映像配信できます。人間はもちろん対面することによって心動かされたりし、それが営業成果につながるのですが、何せ緊急事態なのですから、できることをできる範囲でやれば良いのです。

しかし、現実はどうなのでしょうか?

緊急事態宣言の現実

こちらのアンケートを見て欲しいです。(4/7時点集計)

緊急事態宣言が出た時にあなたの会社はどうなる?というアンケートです。

特に対応なし 63.7%

テレワーク推奨 15%

テレワークと時差出勤推奨  11%

その他 5.7%

時差出勤 4.7%

となっております。半分以上の会社が何も変わらないのです。これ見てびっくりしました。あまり関心が無いんですね。自分達がコロナを患うことになっても良いとしか受け取れません。

色々私の周りでも聞いてると凄いですね。

自粛を推奨するが営業目標は必達だ!

うまく仕事しろ!営業活動は100%やれ!

なるべく自粛だ!でも出張はOK

等の話が聞かれます。要はいつも通りの昭和の気合論です。私の会社でもコロナに負けるな的な、逆に立ち向かってやるぜ!という雰囲気になっております。

病気になって発症したら立ち向かう前にやられますし、何よりまだ薬が無い状況なのです。病気をもらわないことが最優先では無いのですかね??

コロナが沈静化したらまた仕事は再開できますし、一旦経済が沈んだ分、再度上がるのです。なぜそれが待てないのでしょうか?

正直、この状況には呆れますね。いつまでも経済ストップするというわけでは無いのに。

昭和・気合・体育会系 イラネ

私が以前から散々批判してきた、昭和の価値観である気合論や体育会系気質が悪い方向に出ております

仮にコロナになって重症化したら自分の気合で治せよ!と直接言いたいくらいです。

このような悪しき文化はさっさと廃止しましょう。いつまで日本社会(日本の会社)は古臭い主義にしがみついているんですか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*