部下への怒り方から見る、ダメな上司の特徴



こんにちは。ゆとり系ブロガーのヨシナオです。

さて、つい最近までパワハラやら過労死などで騒がれていた日本社会ですが、相変わらず無くなってないですね。

先日も、スバルでパワハラ過労死や埼玉県の公務員が集団で精神疾患を抱えるという問題が起きましたね。

これだけのニュースなのに、パワハラをした上司にあたる人間の名前が出ないのが不思議です。普通、殺人とまでもいかなくても、殴ったりの傷害だけで容疑者の名前は出ますよね?

なぜ、仕事で精神的に疾患を負わせたり自殺に追い込んでいるのに実名報道されないのでしょうか。不思議です。マスコミにも多いんでしょうね嫌な上司が。

そこで、今回は部下にとって危険な上司の特徴を「怒り方」という点から挙げていきます。こんな怒り方をする上司はTwitterで晒しましょう。

プロセスよりも結果を怒る上司

まず、ダメな上司の第一の特徴ですが、部下を怒る時に結果を過度に怒る上司です。これは、単に怒りたくて怒っているようなもんです。上司の威厳を知らしめるために怒るようなものですね。

人間、誰しもミスをします。これはしょうがないことです。ミスをしないようにするには、ミスをした、あるいはミスにつながりやすい原因を潰すのがセオリーです。

上司というのは、部下のミスの原因を対話しながらあぶり出し、そこを修正させるというのが仕事のはずです。そうすれば同じミスをしなくなり、結果的に部下にとっても会社にとってもプラスになります。

ですが、ダメな上司というのはミスやら失敗の結果だけをやたら怒るんですね。

例えば、ミスした原因が「知らなかった」という事例があったとします。この解決策は知らない部分を知っている状態に変えて、実践させるというものになります。ですが、ダメな上司というのはこの「知らなかった」というのが通じないのです。

あれこれ文句をつけてきます。「いや、知ってるはずだ!」という風に。こうなったら部下の方は「申し訳ございません」というほかないですよね。そうなると、単に知らないだけなのに悪者にされてしまうのです。

こんなのが繰り返されたら嫌になりますよ誰だって。こんな上司はそれなりの顔をしています。

決めつけで怒る上司

次の特徴は、決めつけで怒るということです。これも多いんですよね。

どうせまたこーだろ?どうせまたお前だろ?という風に物事を決めつけて怒ってくる上司です。

この手のやつも厄介ですよね。いかんせん決めつけなので、「違います」と言っても「じゃあ、説明してみぃ」と言われ説明を始めると、揚げ足を取るようにどこかのタイミングで「ほら、やっぱりこうじゃん!」と決めつけのロジックを繰り出します。

こういう輩は話すのもめんどくさくなりますね。だったら、最初からそう思っとけば!と言いたくなりますが、ひたすら決めつけてきますので、「はいはいすいません」というほかないのです。

こういう人に限って、逆に決めつけられると烈火のごとくブチギレたりします。要注意ですね。

自分は棚上げで人に怒る上司

次の特徴ですが、これは特徴というよりも上司という生き物の特権と言った方が良いですね。自分は棚上げで人に怒る上司です。

例えば、部下がインフルエンザになったとします。そういう時にゴミ上司は「お前の体調管理がなってないからだ!」「勘弁してくれよ」と言います。

では次に、自分がインフルエンザになったらどうなるでしょうか?

謝罪もせずに、棚上げです。部下は「大丈夫ですか?」と気を使ってくれるのにも関わらずです。普通、病気ってどのタイミングでかかるかわかりませんよね。インフルなんてワクチンを打っていてもなります。

なのに、患った人に対して説教じみたことを言う奴、結構いるんですよ。自分にはすごーく甘いのに。こういう上司は会社の中では偉いかもしれないですが、人間としては粗大ゴミくらいの価値しかありません。

ネチネチしている上司

クソ上司の怒り方の特徴4つ目はネチネチ攻撃です。これはダメな上司を見分けるのに非常にわかりやすいです。

これも怒りたくて怒っているようなものです。ネチネチネチネチずーっと質問ばかりして、部下を追い込むのを楽しんでいるような人間のクズですね。

普通、きちんとした上司は怒る時に何かしらのヒントや指導も含めるのですが、ダメな上司は「お前が悪いんだよ」ということをネチネチしつこく伝えてきます。

対面でずっと言うやつもいますが、メールやらLINEなどでずっと質問攻めするやつもいますよね。

暇かよ!

って私は思います。ずっと疑問なのですが、このネチネチ作戦によって部下が成長したり改善したりすることってあるんですかね?

嫌な思いをするだけじゃないかと思います。私なんかはめんどくさくなってしまうので「はい」「はい」としか答えません。あまりにもしつこいと、本気で相手を睨みつけて「うわ・・・やばい、殺される」という風な恐怖感を演出します。

多くの場合はこんなことはできないので、仕方なく聞くしかないですよね。でも、いかんせん気分が悪くなります。

ネチネチしている上司って、いかに人として性格が悪いかわかりますよね。

 

と、ここまでいくつか挙げてみました。このような上司の下で働いている人は本当に大変です。気を悪くされないように頑張って欲しいです。できる範囲で反撃もして欲しいですね。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*