高安が強すぎる!大関獲りと初優勝なるか!?


[http://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/profile?id=2775]

こんにちは。ゆとり系大相撲評論家ブロガーのヨシナオです。

現在、両国で夏場所真っ盛りですね。

前回、感動的な2度目の優勝を飾った稀勢の里は左手がまともに使えないためか、4日目終了時点で2勝2敗です。

横綱では、1年ぶりの賜杯を狙う角界の第一人者である白鵬と気合いたっぷりの日馬富士が全勝です。

この二人で今場所は優勝争いかと思いきや、もう一人優勝に近い力士がおります。

それは稀勢の里と同じ田子ノ浦部屋の関脇高安です。

稀勢の里の心身共に直弟子

高安はフィリピン人の母と日本人の父を持つハーフ力士です。

鳴戸部屋入門後、兄弟子の稀勢の里と厳しい稽古を重ね、近年は三役の常連となりました。

今場所は10勝を挙げれば、3場所33勝という大関昇進の目安に届きます。

高安は誰よりも稀勢の里に信頼を置いております。横綱土俵入りの際に太刀持ちという剣を構える役割を担ってますね。

高安が稀勢の里を信頼しているエピソードが2つあります。今年初場所、稀勢の里が初優勝をした時に高安は稀勢の里に「優勝おめでとうございます」と挨拶をしました。それに対して稀勢の里は「高安のおかげだよ」と返事をしました。

この返事に対して高安は「疲れが吹っ飛びました。ビタミン剤100本くらいの効果がありました」と報道陣に述べました(こちらの記事)。

そして、先場所13日目に稀勢の里が負傷を負い優勝は絶望的だと思われていた矢先、千秋楽に大逆転の優勝を飾りました。その際、支度部屋で人目もはばからず涙を流していたのも高安でした。

いかに、高安が稀勢の里を信頼しているのかがわかります。本当のお兄さん以上に濃い関係でしょう。

高安の型

高安の今場所の相撲は半端ないです。これは先場所の照ノ富士戦で開花しました。

先場所、照ノ富士を立ち合いで吹っ飛ばしたのです。

そして、その立ち合いは今場所も見られます。特に驚いたのは2日目の豪栄道戦です。立ち合いで豪栄道を弾き飛ばして一気に攻めて最後は突き出しました。

この取り組みを見ると、まるで格上の高安が格下の豪栄道に相撲の厳しさを教えてるような内容でした。

よくよく見てみると、高安は立ち合いで胸から思いっきり当たっているのがわかります。

その勢いがあまりにも強すぎて格上の相手も吹っ飛ばされてしまいます。

私はここ数年の大相撲の映像をたくさん見てきてますが、ここまで相手を立ち合いで相手を圧倒する力士を初めて見ました。

高安の立ち合いは親方衆からも太鼓判のようで、舞の海なんかは「あの立ち合いなら変化にも対応出来る」と絶賛していました。もっともっと磨いて欲しいですね。

大関昇進へ

ぜひとも、高安には今場所後に大関になって欲しいものです。正直言って今の大関の豪栄道と照ノ富士は角番が多すぎです。

私は大関の勝ち越しは11勝だと考えております。負け越しなんてダメです。

高安は大関時代に極めて安定した成績を残した稀勢の里の弟弟子ですし、大関昇進後もしっかりとした成績を残せるんじゃないかと考えております。

ですから、ぜひとも大関を獲って欲しいです。ついでに自分の型も持ってますからかなり強くなるのではないでしょうか。

名大関になることは間違えないです。

ついでに結婚も!

[https://ja.wikipedia.org/wiki/秋元才加#/media/File:AKB48_20090704_Japan_Expo_07.jpg]

ここからは少し余談ですが、個人的に高安は元AKB48の秋元才加と結ばれてもいいんじゃないかと考えてます。

もともと幼馴染という二人ですが、友達以上の仲のように見えて仕方ないです。

昨年の秋場所で秋元がゲスト出演した時に高安に対して「かっこいい!」と言っておりましたし、高安も「応援してくれて嬉しい」というようなコメントをしてました。

私自身は秋元才加を極めて芯がある女性だと思ってますし、高安にぴったりなのではないかなと勝手に思ってます(大きなお世話!?)。

でも、そのくらいお似合いのふたりなんです。是非とも大関取りと嫁取りを頑張ってほしい。

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*