貴闘力が心配

こんにちは。相撲好きのヨシナオです。ついにパンドラの箱が開けられてしまいました。大丈夫でしょうか?正直、見ている私自身もめちゃくちゃ怖いです。

相撲を普段見ない人にとっても、恐らく「八百長」やら「野球賭博」やら「貴乃花の退職」というワードを聞いたことがある人はいるでしょう。

これらの出来事で、必ず引退になっている力士がいるのですが、それは全て貴乃花に関わっている力士達なのです。今回、動画をupしている貴闘力も野球賭博問題でクビにされた一人です。実は、彼には子供が三人おり、先場所は一気に昇進するはずだったのですが、まさかの給与が貰えない地位で留まっておりました。

今回の動画ではこれまでの引退裏にいた黒幕を暴露してしまっております。大丈夫でしょうか?

尾車親方という黒幕

[https://r.nikkei.com/article/DGXLSSXK10062_W9A910C1000000]

貴乃花の引退、琴光喜の引退、そして貴闘力の引退。これら全て貴乃花に関わっている人です。

そして、私的に不思議だったのが元光法の電撃退職です。今回の暴露でこれも全て仕組まれていることが直感的にわかりました。

相撲協会は非常に閉鎖的な空間であります。その中で幅を効かせている理事が尾車親方だったのですね。どうりで、彼は弟子が大麻問題をしてもすぐに役員に復帰できるのですね。

この方と貴乃花の犬猿の仲は結構前から聞いておりました。貴乃花は八百長を一切しないガチンコ力士であることは有名です。そして、なぜか敵がたくさんおりましたね。彼が若い頃、敢えて相手力士が貴乃花には張り手やパンチを容赦無く浴びせていたのは有名な話です。ただ、貴乃花はそれに耐えて横綱になるという偉業を成し遂げました。

そして、理事として相撲協会の改革をしたかったのですが、日馬富士の暴行事件以来、力を失ってしまい、相撲協会のなかで孤立し自ら退職届を出しております。

ただ、その黒幕が尾車親方だったのですね。貴闘力の息子に対しても「容赦しない」ってヤクザですね。

尾車親方って、創価学会委員で創価学会系の潮出版社から自叙伝も出しております。

この方、創価学会の仏法で何を学んだのでしょう?汚いやり方で気に入らない人を辞めさせる方法でしょうか?まるで現創価学会会長が、元会長の池田大作氏を追いやったのとそっくりです。ひどいですね。

貴闘力は生きられるか

今回、上の動画で貴闘力がこれまでの相撲界の不祥事の黒幕を暴露しちゃっておりますが、大丈夫なのでしょうか?

過去に、大相撲の八百長を告発した大鳴門親方や、板井氏は八百長暴露後に謎の死を遂げております。

今回、大相撲協会の黒幕を暴露してしまったことにより、貴闘力や一緒に動画に出ている二代目若乃花の命は大丈夫でしょうか?

結構、危ないと思います。相撲協会は結構ヤクザとつるんでおりますからね。

本人が何度も動画の中で「命をかけてやっている」と言っているのは命が狙われていることの裏返しな気がします。正直、これはやられてしまう可能性が高いとも思います。

パンドラの箱を開けてしまいましたね。

貴乃花は正しかった

私が相撲を好きなったきっかけは貴乃花親方です。彼のガチンコな人生を知って胸が熱くなりました。私の人生訓のほとんどは貴乃花親方から来ております。

そして、貴乃花に関わる人が皆んなクビになったり、退職したりする理由がわかった気がします。阿武松親方もその類ですよね。

この相撲界の闇はかなり深いです。

そして、私の見る目は悪くなかったですね。やはり貴乃花は侍でした。相撲道に不惜身命を貫いたのはマジでしたよ。

私としては同じくガチンコの大乃国なんかは魂を売っちゃったのかな?と思いますし、稀勢の里なんかは大丈夫なのでしょうか?そういえば、稀勢の里の師匠は貴乃花にゆかりある人であり、この人も稀勢の里の大関昇進前に急死しましたよね。

なんか色々やばいですね。怖い怖い。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*