語学を始めた人を馬鹿にしてはいけない

ども。エストニアに留学中のヨシナオです。やっと春学期の1週間目が終わりました。今週はイントロダクションばかりだったので、なんとかなりますが、来週からはエグエグです。もちろん、明日も私は図書館でお勉強に決まってます。

ロシア語もやり始めましたので、やること沢山です。大体、1週間に論文を400ページ読まないといけません。しかも課題の量も前回とは比べものになりません。5,000wordsエッセイ等があり、死にます。

今日は真面目に語学の話をします。

語学は始めた者、続けた者勝ち

人が何か、目標を持って始めることっていくつかあります。その中で多いのは英語、ダイエット、恋人づくりではないでしょうか?

これらって、「やるぞ!」と決めても中々続かなかったりして、やりたいんだけど楽してできるようになりたい!と思うことが多いのではいでしょうか?なので、これらに関する本や情報サイトは昔からずっとありますし、毎回「最新!これだけで〇〇ができる!」という風な感じでビジネスの対象になってます。

私はこの中で、英語に関しては実際にやったことがありますし中級レベルですので、語ることができると思います。

英語を身につける方法って色々ありますが、結局、強い意志で始めてコツコツ継続するってのがエッセンスなんですよね。てか、これ以外ないと思います。

なので、年齢も関係ないし今のレベルも関係ないです。とにかく、意志があり、絶対できるようになるんだ!と思って後は諦めずにコツコツやれば必ずできるようになると思います。

意志の強さと忍耐強さでいくらでもレベルは上がる

結局のところ語学の習得は自分の精神的な部分が非常に大きく占めます。なので、逆に始めたけどもモチベーションが少なくなってきたりしたらピンチです。

語学は習得するのは難しいけども、継続を怠るとあっという間に忘れるものです。悪くいうとコスパが非常に悪い投資なのです。それを乗り越えて得られるものは、意外と自己満足というか人それぞれ違います。

ただ、この続けるっていうのが極めて難しいのです。以前に書きましたが、私はある程度英語が得意でしたが、昨年の夏までは全く英語を使用しなかったせいで、めちゃくちゃレベルが落ちまして、留学先で苦労しまくりです。少しでも継続を怠ると、あっという間に能力は落ちます。

これは逆にいうと、どれだけそれまで語学を続けて堪能だった人でも、例えば2年間くらいサボっていたら、その2年の間に新しく始めた人に抜かれる可能性も十分あるということです。

例えば、私の英語もそうですが、4年前に始めたロシア語もそうでしょう。私がロシアに行った時にロシア語を習っていましたが、初級クラスの中で明らかに私はできる方でした。で、できない中国人とかおっさんに対して笑ったりしてました。ただ、今も、彼ら/彼女らがロシア語を続けていたら私よりもはるかに上の位置にいるはずです。

そのくらい、語学は技術は要らなくて、それよりも意志の強さが大切です。

語学を始めた人を馬鹿にしてはいけない

タイトルに戻りますが、以上のことを踏まえて言えることは、たとえ今まったく語学ができなくても、本気で語学習得を決意した人には負ける可能性があるということです。

今、TOEICが800点台あり、300点台の人を馬鹿にしてても1年後は本当にわかりません。

本当にどうなるかわかりません。先ほども書いたように、忘れるのはあっという間ですからね。

なので、語学を始めたばかりで下手くそな人を馬鹿にしていたら痛い目に遭うのは自分です。

もちろん、語学の勉強を始めてから継続する人よりもドロップする人の方が圧倒的に多いです。だからこそ、楽してできる方法が流行るのです。

でも、稀に開花する人がいます。もしかしたら馬鹿にした人が数年後には世界的な同時通訳者となっている可能性もあります。だから、語学を始めた人を馬鹿にしてはいけません。

何語でも極めたもの勝ち

ま、語学に関しては何語でも良いと思います。ただ、英語は明らかに強い言語ですし他言語に比べれば楽なので、手始めにはいいのかも。

超、最近ですがclubhouseというよくわからない、SNSをやって初めて覗いたのが大学の頃に知り合った友達の部屋でした。

その子は韓国語を学生の頃からやっていて、国内及び韓国の全ての韓国語の試験は全て一番上の級をクリアしており、企業通訳もやった人です。もう、韓国語歴10年ですが、clubhouseで韓国語講座を配信してました。

それが、めちゃくちゃわかりやすくて的確で、思わずすげー!となりました。いや、本当に凄かった。なんか知り合いというのが恐れ多いくらいになりまして、一気に尊敬の念がブワッと出てきましたね。もう、気軽にメッセージして会える人では無くなったような気がします。恐らく本人は「大袈裟すぎやろ!」と言うのでしょうが、本当にそう思いました。

いや、語学も極めるとすげぇなと思いました。振り返れば、私なんかは全てが中途半端です。例えば、洋楽も歌詞がないと一発で意味がわかりません。本当に中途半端です。何も極めたことがないのでこんなものです。

極めるとはこういうことなのか?ということを思い知らされました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*