結婚式を挙げるべき5つの理由


記念撮影をする新郎新婦

こんにちは。ゆとり系評論家のヨシナオです。先日、人生で初めて友人の結婚式に参加しました。

感想は一言で、よかったな〜につきます。

結婚式は結構お金がかかるし、最近は挙げない人やコンパクトに済ませる方も多いようです。実は私もこれまでは結婚式なんて金の無駄だぜ!と切り捨ててきた人間ですが、先日参加して見事に結婚式は挙げなくちゃダメだぜという思想のコペルニクス的転換が行われました。

では、なぜ結婚式をやらないといけないのか理由をいくつか考えてみました。

人生のケジメとして

人生には必ず節目があります。進学や成人、就職、結婚、出産などです。その中で結婚は一生に一度か二度の大切な節目になることは間違いないでしょう。

家族ができるわけですし、それまでは家庭の中で守られていたのが守る立場になったのですから。

そんな節目をとりわけ節目らしくしてくれるのが結婚式です。どこの国でも結婚というのは一つの重大な儀式です。ですから、その儀式を行わないというのはケジメがないと言っても過言ではありません。

特に、男は仕事しつつ家庭を支えるという重要な役目を担うようになります。そんな門出だからこそケジメとして式はやるべきでしょう。

また、結婚式は女性にとってあこがれの舞台でもありますので新婦のためにもケジメとしてやっておくべきです。

先日も新婦が最も美しかったですからね。

 

他人に幸せを分け与えられる

私が先日の友人の結婚式に参加してよかったと思ったのは、主役の新郎新婦を見ている自分自身がとても幸せな気持ちになったことです。

世の中には「他人に不幸は蜜の味だぜぇー」という忌み嫌うべき人間も多数おりますが、そんな連中は自らの身にも幸せなことは起きないでしょう。

逆に、自分や周囲の人の幸せを願える人は本人も幸せになることができます。

結婚式は、もちろん新郎新婦の幸せ一杯なひと時でありますがそれと同時に参加している親族や友人も幸せな気持ちになれます。

要するに幸せを分け与える場でもあるのです。高いお金をかけて、参加者に美味しい料理を振る舞って自分たちは一息する暇もなく写真を撮られたりケーキ入刀をしたりします。本人たちはきっと疲れていることでしょう。

でも、見ている我々はとても嬉しい気持ちになれます。みんなで結婚式の雰囲気を作り上げている感があって素敵なんですよ。

夫婦の絆が深くなる

結婚式の帰りに一緒に参加していた友達が「結婚式を挙げた夫婦の方が挙げない夫婦よりも離婚する確率が低いらしいよ」と言ってました。

自分なりにも考えてみましたが、おそらく本当な気がします。結婚式って準備とかめちゃめちゃ大変そうですからね。結構、意見の食い違いで揉めたりもするそうですし笑

でも、てんやわんやしながら最後に結婚式を無事成功させれば夫婦の絆はとても深いものになるんだろうなと思います。

結婚式の写真を見て、後で色々思い出すこともあるでしょう。後で書きますが、一生残る一日を二人で過ごすことは今後の人生に必ず良い影響を与えるはずです。

人生大変なこともあるでしょうが、夫婦として初心を忘れないためにも結婚式は挙げるべきです。

両親や親族を安心させられる

そして、結婚式で大切なのは新郎新婦や友人だけじゃありません。両親や親族も格別な思いがあるでしょう。

日本では昔から結婚は〇〇家と〇〇家という風に家と家がくっつく習わしがあります。

ですから、両家のご両親にとっても子供の結婚式は一家総出の一大イベントです。

私は式の途中でチラチラと両家のご両親を見ていましたが、心から安堵した表情を浮かべており和やかな気持ちになりました。

そして、新婦からご両親へお手紙と花束贈呈があったのですがあれは泣かせられました。ただ、一緒に参加したバカメンバーの前で落涙はしまいと思い、必死に涙を涙腺に戻しましたが・・・

立派な姿を見せることもちゃんとした親孝行です。そう考えると、両親が生きているうちに結婚式をあげたいものですね。

人生に刻まれる一日を過ごせる

結婚式のすごいことは、たった一日という短さにあります。たった一日のために何ヶ月も前から準備をして数百万のお金をかけて式を行うわけです。

式の帰りに友達たちと「いい一日だった」と話してましたが、この一日というのがすごいなーと私は終始考えておりました。

おそらく、一日のために多額のお金と長い期間を掛けるのって結婚式くらいじゃないですか?

そして、その一日は一生の思い出になりますし今後生きていく中で力になるはずです。

否が応でも自分が主役になる日ですからね。人生の中でよかった日をあげろ!と言われたら結婚式をあげる人も多いのではないのでしょうか。

そんな人生に刻まれる一日を自ら作るのは素敵なことです。

ゆとり系ブロガーの理想の結婚式

最後に、ゆとり系ブロガーの私が描く理想の結婚式を書き連ねます(需要ねーよ!とか言わないでね)。

まず、格好は絶対に袴姿ですね。私は日本人らしく袴一本勝負です!(←ただの相撲好きなだけです)

また、ハワイとかで式は挙げないです。これる人が少なくなりますし友人に幸せを分ける場だという認識がありますのでね。

ただ、私の場合は十中八九、外国人と結婚しますので日本と相手の国それぞれでやるかもしれません。お金がかかるのでなるべく安いプランがいいですけどね。

外国人と結婚したら離婚する可能性も高いですが、仮に離婚して再婚した場合は式はやりません。ただ、相手が初婚なら考えます。

あと、神父さんとか呼びません。そもそも袴ですからね。あと、結婚する時にキリストならば死ぬ時も十字架の棺桶に入らないと一貫性がないという考えの持ち主なので。

以上、何にも参考にならない私の情報でしたー


SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 名無し より:

    結婚式によべる友人がいない場合は友人代行雇ってでも挙げるべきなんでしょうか?

    1. yoshinao65 より:

      いいえ、挙げなくてもいいです。

コメントを残す

*