精神力が弱すぎる

ども、エストニアに留学中のヨシナオです。最近は毎日が限界です。

普通にはよ死にたいですし、抜け殻のように生きてます。全て弱い精神力が問題なのですが。

2学期のきつさ

思えばもう二学期も終わりです。院生活の半分は終わり。なのにも関わらず私は全くと言っていいほど何もプラスになっておりません。英語力は相変わらずKindergarten レベルですし、学問的のも全くプラスになってません。

そして、課題地獄です。一つ上の日本人が以前に「二学期は本当に辛かった」と言っておりました。それは本当にわかるのですが、その方の辛さと私の辛さは全く違うと思います。

その人は、結構すごい人で英語もめちゃくちゃ早くてうまいですし、授業中もめちゃ発言するし積極的に参加してます。なんか一回一回の授業を勝負しているという感じです。見ていて、すげーなと思います。精神力も尋常じゃないです。

一方で私は全くついていけず、ついていこうともせず能力を嘆くばかりです。ほんとダメ人間です。レベルの違いを見せつけられます。

精神が弱すぎる

今も課題に追われているのですが、正直自分のやる気との勝負です。ただ、やる気がないなら死ねよっていう話ですけどね。

周りは3,000wordsくらいの分量ならば1日で書けちゃうのに、私は人よりも長い時間図書館に籠っているのにも関わらず、せいぜい一日600wordsくらいしか進めません。

じゃあ何やっているのかというと、ずっと悶えております。なんか自分に勝てないというか精神力が弱い。全くダメです。

なので、一日終わって自己嫌悪ですね。

人生はもう十分

人生、十分生きてきましたし楽しいこともたくさん経験してきましたので、もう十分です。

真面目に、誰かに殺されたいです。それか、思いっきり車に轢かれて即死したいです。

動物ならば、弱い個体として生まれてしまった場合は死という運命が待ってます。それが弱肉強食の世界です。なのに、人間は命の保証をされている。これは動物として良いことなのでしょうか?おかしいですね。

ただ、死を願っていると死に近づくものです。先日、交通事故寸前の出来事がありました。とてもしんどくて死を望む中、スーパーにビンと缶のデポジットを貰いに行ったのですが、スーパーの前の信号で横断歩道を渡っている私に気づかずに左折してきた車に轢かれそうになりました。1m前で「キー」という音と共に急ブレーキで止まりましたが、あれ気づかなかったら結構なスピードでひかれてましたね。まぁ、どうせなら轢かれた方が良いのですが、、、。残念。まぁでも乗用車だから死なないかも。いつも図書館に行く途中に信号無しかつ大型バスやトラックが通る道があるのですが、そこで豪快に轢かれて即死したですね。

そんな日を夢見てます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*