白鵬が引退で大相撲はつまらなくなる

[https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e2/Hakuho_Dohyoiri_in_Sumiyoshi_Taisha_%281%29_IMG_1475-2_20130302.JPG]

先日横綱白鵬の引退報道が出ました。これで一つの時代の区切りがついたことになります。いや、むしろ大相撲の一つの区切りがついてしまったかもしれません。

白鵬に関してはここ最近は批判ばかりで完全に悪役でしたが、好角家からすれば白鵬ほど大相撲に貢献した横綱はいないのでは?というくらいです。また、彼は普通に強かったです。カチ上げという名のエルボーやらダメ押しが横綱らしくないという人もいますが、それでも強いのが白鵬です。

彼が全勝優勝した後に引退という決断をしたのは、これも偉大かなという感想です。最強の横綱が最高の形で締めたという雰囲気があります。

ただ、一方で今後の相撲界は暗黒時代になるなという感想もあります。正直、白鵬がいたから盛り上がったと思ってます。

モンゴル勢の活躍

正直、直近の大相撲を支えたのは間違いなくモンゴル人でしょう。モンゴル人がいたからこそ大相撲の人気が回復したと言ってもいいと思います。

若貴の後の大相撲界は低迷時代を迎えました。その中で活躍したのは、横綱朝青龍、白鵬、日馬富士、稀勢の里、鶴竜、照ノ富士です。

この中で純粋な日本人は稀勢の里だけです。そして、その稀勢の里の壁になったのが朝青龍を始め、白鵬や日馬富士などのモンゴル人力士です。少し穿った味方の人は、稀勢の里を苦しめたのがモンゴル人なのでモンゴル人力士に対して悪い印象を抱いている人もいます。

しかし、稀勢の里の引退会見で本人が話していた通り、モンゴルの横綱達がいたからこそ稀勢の里も切磋琢磨できたのです。彼がそういうんだから本当なのでしょう。実際に稀勢の里の目の前に立ちはだかる白鵬の気迫は凄まじかったです。

正直、稀勢の里もモンゴル人の横綱達がいなければ、強くなっていたかはわかりません。それだけモンゴル人達は大きな壁でした。

白鵬は最強

そんなモンゴル人横綱の中でも、白鵬は最強クラスでした。朝青龍がものすごいパワーと希薄で日本人力士達を吹っ飛ばしてましたが、正直白鵬は朝青龍よりもパワーがあったと思います。

白鵬は大相撲のありとあらゆる記録を塗り替えてしまいました。

彼が唯一塗り替えることができなかった記録は双葉山が成し遂げた連勝記録69です。白鵬は63でした。おそらく、双葉山の連勝記録はもう破られることはないと思われます。それ以外のありとあらゆる記録は全て白鵬が持っております。

彼はまさしく、日本の大相撲の歴史でも最強の人でした。

人種差別に耐えた

私がどうしても白鵬に関して訴えたいのは、彼は晩年日本人からの人種差別に耐えたということです。

もう、白鵬に対してありとあらゆる罵詈雑言が日本人から向けられました。それは今でも続いてます。これだけの功績を残した人なのに、横綱審議員会は白鵬の品行などに対して引退表明後にも文句をつけています。

また、日本人からはエルボーだのなんだの色々言われておりますが、私からすれば批判の矛先は相撲協会に向けるべきでしょう。白鵬は許されたルールの中で戦っているだけです。

白鵬に対する日本人の目を見ると思うのですが、日本人というのはどうもアジア人を見下す傾向にありますね。これは、日本国籍を持っている人はそうプログラムされていると言ってもおかしくないとおもいます。そして、西洋人にはやたら媚びへつらう。これはもう遺伝子レベルからプログラムされてますね。

まぁ、GHQがそういう風な政策をしたので仕方ないです。

白鵬も日本国籍を取ったのにもかかわらず、日本人特有のアジア人差別に苦しんでました。

今後の相撲界は闇

ただ、正直言うと今後の相撲界は闇でしょうね。白鵬なき今後、誰が盛り上げるのでしょう。

白鵬の晩年はもう、満身創痍でした。それにもかかわらず最後は全勝優勝を成し遂げました。正直、ものすごいと同時に、他の若い力士はどうした?と思います。

晩年の白鵬にも勝てなくて、今後の日本人横綱とかどうなるの?と思いますね。今は照ノ富士が横綱ですが、彼も膝がもうボロボロです。でも、彼の横綱昇進を許してしまった大関陣やもっと若い力士達の責任は大きいですよ。

なんだかんだ白鵬がいたからこそ、彼が壁になって相撲界は盛り上がったのです。彼がいないともう雑魚達の戯れでしかありません。今後の相撲界は闇です。やはり白鵬の存在は大きかったのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*