本物のクズ政党

たまには真面目な個人的な政治評論でも書こう。以前の皮肉記事でも書いたように(先日Googleから違反広告が来た)自分の政治観とマッチする政党は社民党だった。確かに、私は福島氏が好きだし、氏の考え方は高度すぎて他の日本人には理解できないからこそ、今や弱小少数政党になっていると思っている。

基本的に私は日本の政治に関しては、保守本流の保守主義で愛国主義であるように思う。その点で、偽物の保守である自民は支持しない。

そして、それに金魚の糞のようにひっつく公明党も全く支持しないし、ポピュリストの維新もダメである。

この時点で、野党しか支持政党がないのだが、一つだけどうしても好きになれないというかこの党がいるせいで日本がダメになっているという政党がある。

それは立憲民主党である。

二極化に必要なもの

日本には様々な政党があり、それぞれ多様な意見を掲げているが、先日の衆議院選では「野党共闘」という方針で野党が小選挙区に野党候補一人という政策を打ち上げて自公に挑んだという点で、与党vs野党という二極化構造が生まれていると思う。

そして、この二極化だがこれを最も体現しているのがアメリカである。ご存知のようにアメリカは共和党と民主党という二局の政党で大統領選挙が争われる。大統領選挙は各州の選挙人を赤(民主)か青(共和)かという塗り絵方式で決めて多数決性によって大統領を決める方式である。

これは南北戦争の事実上の模擬再現であり、これを4年に一度行うことによってアメリカの建国精神を思い出すという趣旨がある。

だが、日本人の自分としては、これとは別に注目したい部分がある。それはアメリカの民主党と共和党の入れ替わりの激しさである。この二つの政党、めちゃくちゃ入れ替わる。びっくりするくらいだ。この間ブッシュでイラク戦争をして、その後、オバマで安定したと思ったらトランプというやばい大統領、今やバイデンだ。ものすごく入れ替わりが激しい。

これはそれだけアメリカ国民が真剣にどっちが良いかを考えていることの証明だろう。じゃないと、こんなに入れ替わりをしないと思う。

対して日本はどうか?正直、2009年の鳩山政権以外はずーっと自民公明が支配してきている。自分はこれがとっても問題だと思っている。

なぜなら、政治は弁証法的に高度なものになっていくと思っているからだ。同じ勢力の二極化構造が争うことによってより高度な次元に達成できるというものである。

なので、アメリカは民主党と共和党が争うことにより、国民が政治を考えその都度合った政党を選んでいる。日本はどうか?争いがないから人々は考えなく、自民公明が好き勝手やっている社会だ。そして、この責任は野党第一党の立憲民主党にあると思う。

野党のアイデンティティ

野党のアイデンティティを説明できるだろうか?

立憲、共産、れいわ、社民、国民、維新がある。この中で国民と維新はクリアに与党寄りである。改憲勢力であるし、政権に入っていないだけである。

では立憲、共産、社民、れいわはどうであろう?れいわはとてもわかりやすい。山本太郎率いる、古典的ポピュリズムの党である。草の根を誘導しエリートを倒すというポピュリズムの定義に合っている。共産はその名の通り共産主義であるが、実際は戦争法案反対等のどちらかというとリベラルな立場である。そして、日本で最も女性議員が多い党である。社民もクリアに護憲主義を掲げており福島氏はずーっとブレていない。ただ、立憲はどうか?

正直、迷走していると思う。それは今回の衆議院選の議席減少につながったのだ。まず、この党は不祥事が多い。普通に買春議員がいたり、ロリコン発言をする議員がいたりする。正直、腐っている。

さらに、今回の選挙で揉めた選挙区がある。山本太郎氏と吉田はるみ氏のどっちが立候補するかという店で揉めており、当初山本氏が立候補したが、その区で地道に活動を行なってきた吉田氏の支持者が反対し、山本氏が身を引き、結果的に吉田氏が当選した区である。

その吉田氏が最初に行った行動がこれである。

これは、国会議員は文通費(交通費その他)として月額100万円を貰うという制度だが、維新の連中が自称「身を斬る改革」としてそれを受け取らないという行動をしており(実際は自らの関連団体に寄付するという愚行を行っていた)、それにビビって吉田氏も返納したという形である。

馬鹿なんじゃないかと思う。会社員でも交通費はかかるし、現場に足を運んで有権者の話を聞くのであれば、それなりに使い道はあるであろう。それを自ら返納してしまっている。これは「私は仕事をしません」と宣言するようなものだ。

正直、こんながっかりな対応には失望した。これこそ立憲民主党の真の姿である。

立憲が潰れないと日本は沈没

 この立憲のような国民の為にならない国民の顔色伺いな党が野党第一党である限り、日本の未来は暗いなと思う。もう、完全に終わっているだろう。

あとは、日本は緩やかに沈没するだけかなと思う。立憲のような党が野党第一党であり、弁証法的な議論が生まれない限りこの国はダメだろう。

そして、国民に褒められる為の行為ばかりしても何も意味がないし、むしろ墓穴を掘るだけだ。この党のアイデンティティを共産党と社民党とれいわと区別してしっかり言える人はコメントなり何なりをしてきてほしい。正直、真面目に答えられる人はいないと思う。

そして、立憲民主党という党は曖昧で物事をはっきりと言わない日本人の受け皿としてぴったりな党だと思う。

この党が無くならない限り、日本は変われないのだと心から思う。周りのも耳障りの良いこと言ってて立憲に投票してる奴多いだろうなぁ〜。何人か顔が浮かぶわ笑

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*