日本で自殺者が増えたことについて

ヨシナオです。こんにちは。昨日ですかね、Yahooニュースで10月の自殺者が多いというニュースを見ました。

やはり、コロナの影響でしょうかね。昨年に比べれば多くの人が自殺をしております。まぁ、先が見えないと自殺してしまいたくなっちゃうんですね。

海外にいる留学生が何人かこれについてコメントをしていたので、自分なりの現時点での考えを書きたいと思います。

自殺はいけないのか

私たちは、無意識的に「自殺はよくない」という事を認識しております。大体において自殺をする人は「ごめんなさい」的な遺書を残したり、敢えて人目があるところで自殺をし、何かを訴えようとしております。

基本的に自殺=悪という図式がこの世の人間には蔓延っております。私もその一人でした。自殺するくらいならばもう少し生きてみたら?と思っていましたし、自殺するくらいなら逃げろ!と思ってました。

ただ、最近は考え方が異なります。自殺も人生における選択肢の一つだなと考えるようになりました。

理由の一つは、人生で息詰まることがあり、どう考えてもこの先生きたとしても無駄であると自覚する瞬間が訪れる可能性があるからです。

これは訪れる人と訪れない人がいます。しっかり自分なりに努力をして自分を高い位置に持っていける人はそのような瞬間は訪れません。そのような方は自殺をする考えには至らないのです。ただ、大した努力もしておらずに、惨めな生活を送り、この先真っ暗という人はそのような瞬間が訪れます。そのような時には自殺するのも一つの選択肢だと思います。

また、現在の世界人口は77億人です。異常に多くないでしょうか?他の動物は弱肉強食の世界ですので、しっかり必要数が確保されており、バランスが保たれています。ただし、人間はそうでもないです。もう人口が増えすぎております。

そして、多くの人がご存知のように人口が増えると地球に様々な問題を引き起こします。人間自身も食糧不足等の問題に直面します。また、環境問題は深刻になるのです。

このような人口爆発を止めるには、伝染病や自殺が増えるしかありません。自殺はいけないと言いますが、地球には貢献してますし、環境問題を解決する手段でもあります。人は生きていれば他の生物を殺し、ゴミを出すからです。

そのような意味で自殺自体はそこまで悪いことではないというのが現時点での私の考えです。

自殺する時の注意点

ただ、自殺をする時には心に留めないといけないことがあります。それは、他人を巻き込んではいけないということです。

つい最近のニュースで、飛び降り自殺した人が歩いていた人にぶつかってしまい、二人とも亡くなったというニュースがありました。正直、これは胸糞悪いですね。

特に、ぶつかってしまった人です。ぶつかってしまった人は死にたくなかったはずです。なのに、意志と反して死んでしまった。これはかなり嘆かわしいです。

死にたいと思う人が死ぬのと、死にたくない人が死ぬのは別の話です。死にたい人はあくまでも死にたいのですから、自殺する権利があります。ただ、死にたくない人が死にたい人によって道連れにされるのは良くないのです。自殺する時はなるべく一人でひっそりするというのが原則です。

自分でしっかり考えること

ただ、自殺してしまうとその人生は2度と戻りません。これをしっかり入れて選択肢の一つとして持っておくべきでしょう。

もう、これから何をやっても上手くいかないとか、自己破産した後なのに、ニッチにもサッチにもいけない状態になったら最期の選択肢として遂行するのも悪くありません。

また、自分の好き勝手生きてきたのに全く希望が見出せないなら死ぬのもありです。

仕事が辛いとか会社に行きたくないとかで死ぬのはもったいないです。逃げてしまっても構いません。ただ、自分にはこの会社でないと生きられないのにダメになってしまった場合には自殺カードも手札に入れられることがあります。

いずれにせよ、よーく考えて遂行するようにすべきです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*