学生のお金問題

こんにちは。エストニア に留学しているヨシナオです。今や、サラリーマンと言えどお金にはそこまで恵まれない時代です。

サラリーマンしても家計は苦しく、共働きでも裕福な生活はできませんね。私もサラリーマンやっていたのでそれはよくわかります。

ただ、学生もやはりきついです。特に私のように貯蓄で賄っている海外大学院生は尚更でしょう。

為替がやばい

最近、為替がヤバくて円安の影響からか、生活費が圧迫しております。

私がエストニアに来るくらいの時は1ユーロが124円くらいだったのですが、今や130円直前です。

私は貯蓄で大学院生活を賄う予定でしたので、1ユーロ126円で計算してました。何とかそれでも1日に7ユーロくらいは買い物できる計算でした。

しかし、今や130円ギリギリとなり、学費だけでも当初予定したよりも15,000円くらい高くなります。これに家賃とかを含めると単純に為替の影響での支出が5万円くらいですね。

しかも、当初予定してなかった市民税の支払い115,000円が3月にあり、来月から1日あたり4ユーロで過ごさないといけない計算になります。

もう、笑っちゃいますね。4ユーロはヤバイ。究極はパスタに塩をかけて1日1食にしようかなと考えてます。

予定狂い

お金の問題は人生を狂わせますね。

この夏には一旦日本に帰国しようとしてましたが、今はそれも再度見直そうと考えてます。

というのも、航空券の往復代が10万だとして先の11万五千円を賄うにしても日本で最低でも21万5千円を稼がないといけません。しかも、日本にいる間は保険、年金、税金を払うのが当たり前です。控えめにいっても5万は飛ぶでしょう。そう考えると、バイトしたとしても26万以上稼いでやっとプラスにできるレベルです。

これならば、こっちでとにかくじっとしているほうが良い気がします。

ん〜、予定が色々狂うな〜

結局、お金が最も大事?

こうもお金が無いと、人生はやはりお金が最も大事だと思ってしまますね。

きっとそうなのかもしれません。

ただ、お金を節約する方法もあります。基本的にお金は欲と結びついているので、基本的に無欲になれば良いのです。

もっと言えば、無欲になりただひたすら勉強すればお金はかかりません。図書館を利用すれば無料で能力は上がるわ、お金は節約できるわで一石二鳥です。

卒業まではこの路線で行こうかなぁと考えてます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*