嫌いな国ほど行く価値がある


こんにちは。ゆとり系ブロガーのヨシナオです。このブログでは筆者の旅行経験等の海外情報を積極的に発信しております。

私自身も私の友人たちも海外に行く人が非常に多いですが、職場等に目を向けてみると案外海外に行ったことがないとか、海外に対して恐怖を感じている人って結構いるんです。

私の職場でもそうです。海外に行ったことない人がざらにいます。また、私がロシア等に行った話をすると「怖い。殺されそう」みたいなことを言う人がほとんどです。

でも、ロシアの美しい写真を見せると、行ってみたいという気持ちになるそうです。

かくいう私自身もそうで、ロシアに行くなんて夢にも思っていませんでしたが実際に行ってみてこれ以上素晴らしい国はないと感じました。

海外に初めて行く人も、海外旅行が趣味な人もあまり馴染みがない国や印象が良くない国ほど行ってみる方が良いのではないでしょうか。

期待以上に出会える

成田空港等に行くと、日本人の旅行者がどこに行くことが多いのかが大体わかります。

個人的に、日本人の多くが観光する国はアメリカ、ハワイ、イタリア、フランス、台湾あたりに行き着くのでは無いかと考えてます。

私も実際に台湾に行ったことがあります。その時は元々友達と行く予定だったのですが、急遽一人旅になりました。

台湾は非常に親日的で食べ物も美味しいという情報を得ており、楽しみにしていたのですが正直期待以上ではなかったです。

食べ物も普通に美味しいし人も優しかったのですが、前評判以上のものには出会えなかったのです。

それに比べると、前情報が無いロシアは期待値が低かったからなのか、ものすごくいい場所だなと思いました。感動するくらいの芸術や建築、美味しい料理、意外とおしゃべりな人々と全てが期待以上だったのです。

あまり期待値がない国の方がハマるきっかけになるかもしれません。

ニュースとは違う世界

私は韓国も毎年行くのですが、この国もネットやテレビの情報とはかけ離れた魅力があります。

韓国といえば、歴史認識、慰安婦問題、反日教育と嫌なニュースばかりが目立ちます。つい最近も、徴用工問題で日韓関係がぐらつくレベルのニュースが飛び交っています。

ヤフーニュースのコメント欄には「国交断絶を!」とか「最悪な国」という言葉が並んでおり、韓国や韓国人は日本の最大の敵であるという認識が広がっています。

しかし、実際に行ってみると反日のムードは微塵も感じられないのです。むしろ、韓国は日本語が溢れており親日ムードが漂います。

私的には台湾よりも韓国の方がよっぽど親日に感じられるほどです。

これは実際に見てみないとわからないです。ニュースやネットで言われてることと全く違うのです。

このような経験ができるのも旅行のいいところですね。

どの国に行くべきか

そんなこんなで、私はぜひ多くの人に自分が嫌だなと思う国に旅行して欲しいです。

かくいう私もアメリカが嫌いで今まで一度も行ったことがないのですが、一度くらいは行ってみようかなと近頃考えております。

やはり、行ったことないのにあーだこーだ批判するのもアレかなと思うからです。

海外に行ったことがない人にはぜひとも韓国に行ってみて欲しいですね。かなり楽しめますし料理もめちゃめちゃ美味しいです。

旅行に慣れている人にはぜひ一度ロシアに行って欲しいです。美女を見るだけでも楽しいですし、意外と美女がフレンドリーだったりします。

こんなこと書いてたら、また行きたくなりました。でもその前にアメリカに行ってみないと!!

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*