妥協と先送りの人生

こんにちは。大学院に入院中のヨシナオです。夏休みで7月ももう終わろうとしております。来月には3学期目が始まります。困りましたね。あれほど二学期には、「夏休みには一気に英語力と、基礎知識をつけて3学期は授業中に発言しまくるぞ!」と意気込んでいた私ですが、今や「夏休みはしっかり休んで、3学期目に英語も頑張ろう!」という風になっております。将来はホームレス確定です。

でも、思えば自分の人生はずっとこんな感じですね。妥協と先送りばかりをしておりました。そして、もうこの癖は永遠に抜けないのでしょう。このように歳を取っていくのでしょう。でも、自分が悪いので何とも言えません。

未達の人間

30歳になった時に、エストニア人の友達にWhat is your achievement so far?と言われました。これまでに何を達成してきたの?とのことです。

私はそこで、めっちゃ考えてしまい、その子を困らせてしまいました。というのも、自分が何かを達成した記憶が全くないのです。30年間生きてきましたが、自分がやった事と言えば、酸素を二酸化炭素に変えてきただけです。それ以外何もありません。

一見、何かを達成したと思った時でもかなりの妥協が入っております。これまで、自分の目標を叶えた事は一度たりともありません。勉強面で言えば、高校受験、大学受験、大学院受験の全てに於いて第一志望の学校に入れませんでした。高校は家の近くの偏差値62の公立に行きたかったですが、残念ながら妥協して偏差値58の公立に通い、大学は早稲田を狙い浪人までしたのですが、補欠で落ち、大学院はオスロ大に行きたかったのですが、到達せずにエストニアです。

全て、妥協した結果でしかありません。Twitterなんかで見ていて、ものすごいレベルの大学院に合格したり、フルブライト奨学金を取っている人を見ると素直に尊敬する反面、自分とのあまりの差に卑屈になりますし、それと同時に彼ら/彼女らが自分のビジョンも持って世界に羽ばたいてくれるので、彼ら/彼女に頑張ってもらえればいいや!と思います。

幸いにそのような方々は人柄が大変に良くて、素晴らしい方々です。なので、自分のような妥協でしか生きていけないような人間にも対等に接してくれております。それがとてもありがたいです。ただ、人間性も含めてあまりにもの差があります。私としては彼らにとって失礼にならないような距離で楽しく会話をさせてもらうのみですね。でも、なんで妥協ばかりしているのかというと私にはどうしても治らない悪い癖があるからです。

先延ばし術

私がたった一つだけ、人よりも負けない能力があるとすれば、それは先延ばし力です。あまりにも秀でているので、自己PR書に書こうかと思ってます。例えば、今回の夏休みの課題は二つです。一つは英語力の向上でもう一つは専攻の基礎となる歴史知識を身につけることです。一つ目ですが、今英語を全く勉強せずに、毎日Youtubeばかりを見ております。多分、学期中の方が勉強をしてました。そして、第二の目標に関して言えば、本を買ってもいません。高いですからね。

これらは夏休みの目標だったのですが、なんと夏休みはしっかり休むべきであり、勉強を始めるのは9月からで良いと考えているのが今であります。そして、「夏休みはしっかり休むべき」という非のうちどこの無い理由を考えることによって、夏休みに勉強しないことを完全に正当化することに成功しています。これが私の能力です。なので、本来は2学期中に英語もやれよ!って感じでしたが、その時は「語学はまとまった時間に一気にやる方が伸びるから夏休みにやろう!」という理由で勉強しなかったのが、今やこのザマです。

もう、人生ずっとこれです。なので、私の人生これから向上する事はないでしょう。この無限なる力を持っている為に完璧に自分が何かをやらないことを正当化しているからです。

昔、安い居酒屋のトイレの壁に変な名言が飾ってありました。やりたい事に関して、大学に入ってから、大学を卒業してから、就職してから、結婚してから、子供ができてから、子供が成人してから、、、、ずっと先伸ばすといずれは来世でとなる。みたいなメッセージでした。だから何事も今やらないといけないのですが、如何せん、私は今やることを先伸ばす力だけは本当に優れておりますし、それを周りに言って納得させる力もすごいのです。困ったです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*