全国福利厚生共済会よりも安くて簡単に福利厚生を受けられる方法


[https://www.accretech.jp/recruit/new-career/recruit/welfare.html]

こんにちは。ゆとり系マルチブロガーのヨシナオです。

初々しいリクルートスーツに身を包んだ新社会人を街で見かけるこの頃です。会社に入り初任給も出て、会社員になった実感が湧いているのではないでしょうか。

一方で、給与を受け取るようになると今度は生活費やら結婚やら将来の備えやらで、お金の心配事が多くなります。

どうせお金を使うなら少しでもお得に使いたいですし、できることならお金をもっともらいたいですよね。

そんな方々にオススメなのが全国福利厚生共済会でした。福利厚生とMLMが一体化した団体であり月額2,800円払えば大企業に属する以上の福利厚生が受けられ、月額4,100円のプライム会員になるとビジネスまでできてしまいます。

「まだビジネスはいいや」っていう人はとりあえず福利厚生だけでも受けられるコースにしておけば色々お得ができてしまいます。ですがですが、今回私は全国福利厚生共済会の一般コースよりもはるかに安く福利厚生を受けられるサービスを発見してしまいました。

福利厚生ってそんなに使う??

いきなりそもそも論なのですが、福利厚生ってそんなに使いますか??

福利厚生によって、お食事が安くなったり旅館の宿泊費用が安くなったり映画の割引が効いたりするのは確かです。

でも、それって月に何度も使いますかね??

「はい!毎週使ってます」という人は時間にもお金にも余裕がある人々なのではないでしょうか。

フツーの勤め人はそんなに余裕がないはずです。

毎月の生活費の中で削れるところは削り、休日にささやかな楽しみを享受する人が大半だと思われます。

となると、全国福利厚生共済会の一般会員プラン¥2,800って少々お高くないでしょうか。もちろん、サービスの内容がこれからも充実するので安いと感じる方もいるでしょう。それに、プライム会員でガッツリ稼げてる人にとっては¥2,800なんてハナクソな金額でしょう。

ですが、私のようなボンビーなブロガーにとって¥2,800は高いのです。

じゃあ、ビンボー人は福利厚生を受ける資格は無いのかと言いますとそんなことは無いのです。むしろ、我々のような人を救ってくれるサービスがこの世に存在するではありませんか。

これで人生快適!ヤマダファミリーサポート!

大企業に勤めてなくても全国福利厚生共済会に入会してなくても、福利厚生が受けられる夢のサービスがヤマダファミリーサポート(略称:ファミサポ)です。

なななんと!入会費¥500、月額¥380でガッツリ福利厚生が受けられてしまいます。

早速、私も入会して冊子をもらったのですが、旅館の割引はもちろん、映画のチケット割引やフィットネスクラブの月額優待、紳士服の優待まであります。

美容室やネイルサロン、エステの割引もあり女性にも嬉しいです。

また、冠婚葬祭等の大規模な出費も最大で¥63,000も安くなってしまうのです。

もう一度言いますが、

月額 ¥380!!!

です!

かなーり安くないでしょうか。私自身もファミサポに加入して涙が出るほど嬉しいのです。

これなら、月に一度だけ何かを使用するだけでも元が取れますね!

安心のヤマダクオリティー

「いやいや、月額¥380って怪しいでしょ・・・なんか裏があるに決まってんじゃん」

と感じる方も多いでしょうね。それはしょうがないです。この安さですから。

でも、安心してください。このヤマダファミリーサポートは東証一部企業で家電量販店売上高No.1の

ヤマダ電機によるサービス!!!

です。誰もが一度はヤマダ電機に入店した時に、あのテンポの良い音楽に心身ともに癒された経験があるでしょう(ちなみに、私は歌えます)。

そして、新店舗がオープンする際に報道陣まで来るほどの超有名企業です。

さすがに、これだけの企業がやってるサービスで信用できないというわけにはいかないでしょう。むしろ、これだけの規模だからこそ激安でサービスを提供できるのです。

なので、みなさん安心してファミサポメンバーになることができます。

欠点は少なく使い方次第で人生の楽しみUP!

ここまでべた褒めしていると、怪しいと思う方もいるかと思いますので幾つか欠点も挙げておきます。

まず、ビジネスプランがありません。これは全国福利厚生共済会のプライム会員に劣る部分ですね。ここへの批判は多数来ることでしょう。

あとは、グルメ部門のサービスが少ないことでしょう。ヤマダ電機の高崎店や日本総本店の中に入っているレストランの割引が多いですが、もっと一般のレストランの割引を増やして欲しいですね。

ただ、欠点はこれくらいでしょうか。

なんせ月額¥380ですから、そんなに文句ないです。

おそらく、これからは合コンや婚活などでファミサポに加入しているかどうかで気に入られ方が変わるようになるのでしょうね。

福利厚生を持ち合わせた人とそうではない人では格差がありますから。

ファミサポは大企業勤めではなくても、大企業勤めと同じ身分になれるサービスです。これを利用しない手はないでしょう。

さーて、明日はファミサポを使って日本総本店の神戸パスタで食事しよっかな〜♫


SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 初投稿 より:

    ファミサポから実は何か紹介料みたいなもの頂かれてるとか?笑
    非会員ですが、私も一度聞いたことがあります。
    その時説明してくれた方は、
    福利厚生をまだまだ創っていく事業と説明して頂いた記憶があります。
    創っていくと事業として捉えるのかユーザーとして捉えるのか。
    考え方って同じなんでしょうか?

    1. yoshinao65 より:

      初投稿さま
      コメントありがとうございます。残念ながら、紹介料も何もいただいておりません。自分が入会しているのでアフィリエイトサイトでもあればたくさん書いて収益を得られるのですが・・・そういうのは無いのです。認識の違いは私にもわからないです。

  2. 初投稿 より:

    この度のご返答誠に有難うございます!
    ご返答内容を見まして、
    yoshinao65様がファミサポにご入会されてるということでユーザー目線から見ると、、、ということが分かりました。
    創って行くというまだまだ未完成の事業であること。ユーザー目線ではなくまだまだ創っていってる最中という事業性と市場性を冷静に見た結果、
    他のMLMの目的の違いが明確になり、
    話を一度振ってくれた方の言葉の意味が腑に落ち、プライム入会を決めました。
    MLMを一色単に考えてしまう方々の誤解を解いていくことができればなと思います。

    この度は有難うございました。

    肩書きを書くのを忘れてしまい誠に申し訳ございませんでした。

    フランチャイズ オーナー
    一般社団法人 理事

    1. yoshinao65 より:

      がんばってください
      ちなみに、肩書きとか求めてないです。

  3. Y.T より:

    プライム会員のものです。
    たまたま見かけたので、少しコメントさせてください。

    記事の内容に関しては間違いはありませんが、筆者様のお考えで全国福利厚生共済会に対して誤解を与える内容なので、訂正させて頂きます。
    そもそも、ファミサポとプライムでは事業性に違いがあります。ファミサポはあくまでヤマダ電機の販促ツールですよね。今後、福利厚生は必要との認識は同じですが、それを自社営利の為に活用してると思います。勿論、公正なやり方で、支持されるべき取り組みだと思います。
    一方、プライムの会費の約半分は余剰金としてサービスの拡大、質の向上に使われており、その他は会員でルールに沿って分配されます。そして、会員数(余剰金)を増やして、会員にとってより良い共済サービスを作って行くことも目的としております。
    既に、大企業向け福利厚生サービスを提供しているリロクラブをはじめ、ソフトバンク、東京海上日動、三井住友火災、ライオンネットワーク、細井商事、アート引越センター等など、ヤマダ電機と比較できない程のサービスがあります。
    筆者様には必要ないサービスでも、他の方々には必要なサービスもあるのではないでしょうか。そして、元々内容が違うものを、単純に380円と2800円という金額だけで比べることは出来ないと考えます。私の友人で、ブランドのスーツを定価より15万程安く購入したり、中古車を相場より50万程安く購入した方もいます。ヤマダ電機のファミサポで可能でしょうか?
    その他、筆者様も仰っていた通り、ビジネスプランも存在しており、こちらも他のMLMと異なり、非常に面白い仕組みとなっております。
    元々MLM企業は会員の生活水準向上を目指す側面を持つ企業もあり、プライムは非営利団体なので、特にその色が強いです。

    筆者様の記事を頼りに行動する人がきっと沢山いらっしゃると思います。その方々にとっては大切な情報源ですよね。主観は入れて頂いて勿論構いませんが、是非、情報を公平に開示して頂けると幸甚に存じます。

    表現の自由はあるものの、多くの方が触れる場なので、コメントさせて頂きました。長々と失礼致しました。
    筆者様の今後のご活躍を祈願しております。有難う御座いました。

  4. 双葉 より:

    筆者様のブログは大変参考になります
    ヤマダファミリーサポートは大変お値打ちで、この金額なら福利厚生にあまり興味ない方でも入会しようかなって気持ちになりますね!

    一方 プライムの商品は、15年かかって 現在 1ヶ月2800円払ってまでは 絶対に入りたくないサービス内容ですね

    そもそも、プライムの場合は、個人向け福利厚生の良いサービスを創っていきたいと 創り段階と言いながら、ビジネス会員同士で 会員費の一部をサービスにまわして 後は会員の給料でお金をまわしている為 いつまでたっても良い商品は完成できないと思います

    会員数が30万人になったら
    口コミのビジネス会員を締め切り

    会社がCMを流し 一気に世間に広まり
    2800円のサービス会員が増え

    それが、現在4千円のビジネス会員の権利収入になっていくと真剣に思っているビジネス会員が殆どですが

    30万人になったら口コミが終わる確信もなく
    仮に 口コミ終了でCMやポスティングになったとしても、一般人がプライムのサービス会員になる保証も根拠も全くないですし、

    セミナー誘導で これだけ悪質なやり方をして評判の悪い会社のサービスを受けるくらいなら、一般人の大半は

    ヤマダファミリーサポートに入会すると思いますし、コメントでファミサポとプライムのサービスは全然違うとおっしゃっている方がいますが、
    値段が格段に違うので サービス内容が違うのは当たり前です(笑)

    仮に 同じ2800円でファミサポがサービスを提供するとしたら、プライムとは比べ物にならないくらい良いサービスを提供すると思います。

コメントを残す

*