上には上が、下には下がいる

よくYoutubeやらTwitterを見ているのだが、すごい人はやはりすごい。人柄も良い社長やら、ものすごい語学力をもっている努力家や子育てしながら大学院に行ってるママさん等、とても自分ではできないなぁという人がいる。

他方で、30年も生きてくると自分もクソだな〜と思いつつも自分よりも遥かにヤバい人もいる。そして、こんなにヤバいやついるのかってくらいヤバい。

こんなヤバいのにのうのうと生きているやつもいるのか?と思ってしまう。そして、そういう人を見るとまぁ、自分もクソだけどさらにクソもいるんだなぁと少しだけ心が楽になるものだ。

年上でもだらしない

以前に勤めていた会社で自分よりも年上で社会人歴が長いにもかかわらず、え!?という人が結構いた。

新しい部署で自分は最初の方に入社したので、後から年上のおっさん達が入ってきたのだが、これがびっくりするくらいやべー人が多くて、研修が終わった後に「もうやめます」とか仕事しないで遊んでいるやつとか、社長面接の時にふざけてクビになった人とかもいた。びっくりしたね。

意外と、社会人をやっていてもダメな奴はダメなのかなと思った。基本的に仕事は責任度合いとそれの果たし度合いで伸びていくのだが、最初の気合があまりにも足りないと腐る。

まぁ、自分もサボり癖が多いので仕事はすぐ飽きてしまうのだが・・・

平気で悪いことをする人

最近驚いたのは、社会的な活動をするとアピールしながら寄付を募ったり、通販サイトを運営しながら商品を送らずに身内に不幸があったという妄言を繰り返し代金をくすねてしまう人がいるということだ(この人)。

世の中に、こんなヤバい人がいて堂々と人を騙して生活費を稼ぐということがあるのかと驚愕した。

自分はそりゃお金が欲しいが、詐欺をしてまで欲しいとは思わない。てか、普通に捕まるの怖いし。

でも、そんなことを平気な顔してやる人がいたことが驚愕。他にも虚言癖の人とかもいるし、ちと信じられないけど意外とこういう人が身近にいたりする。

たまには下を見る

まぁ、自分自身もヤバいし自己評価は下の下だけども、まぁたまには自分よりも下のひとを見るのも悪くないなぁとも考える。

精神安定剤的にそういう人を見るのもたまにはいいかも。

たまにはクソを見て安心させるという笑

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*