ロシア語を再開するかも

エストニアに留学中のヨシナオです。

課題があるのに全く勉強してません。今日は1時間くらいでしょうか。あとはずっとYou tube見てました。そろそろ見るコンテンツが無くなってきました。「令和の虎」は毎日見ていて、その他は捕まえたウシガエルをさばいて食べる動画とか見てます。もし、将来子育てとかするなら子供とカエルを捕まえてさばいて料理とかしたいですね。

それはさておき、このように課題があるのに気が散ってしまう現象の時の今は、目の前の課題よりも別のことを考えてしまいます。最近考えているのはロシア語を再開しようかなぁという事です。

ロシア語をやる意味は?

なぜにロシア語なのでしょうか?

正直に言って、あんまり意味がないです。ロシアに行く予定は今のところありませんし、何か検定をとるわけでもありません。

ただ、一度習った事があり、信じられないくらいの初級で中途半端に終わったので、最低限初級くらいはクリアしておこうかなと急に思い始めたのです。

初級だとおそらく、幼稚園レベルの会話しかできません。しかも、実際に会話する機会は今後あるのかわかりません。

でも、ただ単に言語を学ぶのは楽しい面がありますので、やろうかなぁといったところです。

言語は趣味

私は言語は趣味だと思ってます。例えば、昔は英語ができる人材はビジネスの場で活躍できる場合が多かったのですが、今はそうでもありません。日本で就職する場合は英語は必要ありません。

それよりも、プログラミングのようなIT系の技術の方が圧倒的に重宝されます。英語なんて役に立ちません。

では、なぜ人々は英語を学ぶのでしょうか?一つはコンプレックスだと思います。日本人はなぜか英語にコンプレックスを抱いております。

ただ、コンプレックスの克服という理由で語学の勉強は続きません。

なので、私的には語学は趣味です。英語なんかは英会話が好まれますね。英語が話せる人=英語ができる人となってます。ただ、日本で生活していて英語を話す機会はそこまでありません。

それよりも、読む機会の方が多いです。ネットで簡単に英語の記事を読む事ができますし、論文もたくさん読めます。

なので、基本的にはリーディングを鍛える方向に持っていかないと意味ありません。

本当はロシア語も読めるくらいになれば、あとは辞書を引きながら上達するのでしょうが、残念ながらそこまで行けるかは自信ありません。ただ、基本文法くらいは身につけておこうかと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*