マッチングアプリのOmiaiでCAの彼女ができた話 ①


こんにちは。ゆとり系ブロガーのヨシナオです。

突然ですが、つい先日彼女と別れました(泣)。めちゃめちゃ引きずっているわけではないのですが、結構後悔をしています。もっとああすりゃ良かったなーなどと考えることもしばしばです。

相手は俗に言うところのアゲマンでした。パートナーと支え合い、共に成長をすることを考える人でした。そんな素敵な人をいとも簡単に逃してしまう私(笑)

一応、この気持ちと記憶を無駄にしないように記事にしてみます。

マッチングアプリにはまる

私は2017年頃からマッチングアプリを使い始めました。職場にめちゃくちゃモテる人がいて、どうやって出会っているのかを聞いたところ、マッチングアプリの存在を教えてもらいました。

そこから、タップル誕生、ペアーズ、Omiai、With等を1ヶ月ずつ試してみました。

正直、めちゃくちゃ楽しかったです。それまでマッチングアプリのようないわゆるネット出会い系サイトを忌避してきました。なんとなく、ギャルがいっぱいいそうだったり、モテない人達の受け皿のようなイメージしかなかったからです。

昨今ではそのイメージは払拭されていますね。マッチングアプリで出会うのは今後もっと普通の観念になる気がします。

私はマッチングアプリで遊んでいましたね。メッセージをしてLINEを交換し、会ってお酒を飲んで一晩を過ごす的な感覚でした。

テクニックを学ぶ

もちろん、うまく行かなかった例もありますが自分なりに研究をしていました。

この本にはお世話になりましたね。この本に載っているテクニックを自然に使ってました。

また、You tubeで恋愛婚活スタイリストJURIさんの動画を観まくってました。JURIさんは女性なので女性が何たるかを教えてくれますし、何より一般化してあるのでほぼ誰にでも効くテクニックが満載なのです。

JURIさんの動画はずっと観てましたね。その中で幾つかテクニックを自分なりにまとめ上げて使ってました。

出会いという最初のハードルさえ越えれば、後はテクニックを上手に使い、上手く自分のペースに持っていけるというのが楽しくて仕方なかったです。

色んな女性と出会う

マッチングアプリでは結構色んな女性と会いました。学生から社会人まで様々でした。基本的には一晩遊ぶのが目的でしたので、お酒を飲んでホテルに行くというのを目標に作戦を立ててました。

一度、めちゃ綺麗な人と出会って怖じ気付いてしまい、三回デートして手を繋ぐまでしかできない人もいました。その後は順調に遊んでいましたね。

それまではペアーズを使っていましたが、今年の四月に初めてOmiaiを使いました。個人的にマッチングアプリなら、ペアーズかOmiaiがオススメです。色んな人がいますし、よく会えます。

Omiaiでは最初にOLと会いましたが、手をつないで終わりました。次に看護学生に会いましたが、ちょっと嫌だったので二回目はなかったです。その次に別の小柄なOLに会い激しい夜を過ごしました笑

でも、二回目に会う直前に食中毒になってしまい、その後は返信が来なかったです。

私の場合、中々二回目にこぎつくのが難しいなと感じていました。というのも、一回目で本性を出してしまいますからね。やはり相性はあるようで、マッチングアプリでしっかり付き合うということはそれなりに相性が良いってことなのでしょう。

彼女と出会う

Omiaiも期限切れになる前に例の彼女と仲良くなり、飲みに行く約束をしました。結構、お酒を飲むとのことで期待感マックスでした。

そして、五月の後半に新宿で会いました。ビールとかが好きとのことでクラフトビールが飲めるお店に行きました。

第一印象は、育ちの良いお嬢様というイメージでしたね。かわいいというよりは美人系でした。ビール屋でお互いに7杯くらいビールを飲みました。

2軒目に行きまして、ホッピーやら日本酒やらを飲みました。彼女はだいぶ酔ってましたね。

私は、買っておいたクッキーの詰め合わせを差し上げました。手土産作戦です笑

その後は、歩いて歌舞伎町のホテルへ説得しながら向かいました。多少、強引だったかも・・・

朝に別れて、LINEをしたところ、向こうからも「また会いたい」というメッセージが来ました。

その後、メッセージを重ねて二回目のデートにこぎつけました。

私自身も、一回遊んでポイというよりかは、また会ってお話ししたいなという気持ちがありました。

この頃は、のちに付き合うとはまだ予想してませんでしたが。

 


SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*