コミュニケーション障害とは何か


某コミュ障さん
[https://ja.wikipedia.org/wiki/千と千尋の神隠し]

こんにちは。ゆとり系ブロガーのヨシナオです。

最近、職場の人を見ていて思ったことなのですがコミュ障の人って結構多いんだなーと感じました。

一般的に、コミュ障って喋れないとか人前で緊張しちゃう人をイメージしがちですが、別にそれだけではないんです。

今日は、一般的なイメージのコミュ障の人にYELLを送り、隠れコミュ障の人をコテンパンにdisる記事を書きます。

コミュ障とは何か

まずはじめにコミュ障とは何かということを振り返ります。

簡単に言うと他人とコミュニケーションができないことを指します。となると、コミュニケーションとは何かという疑問に再度ぶつかりますね。

コミュニケーションの日本語訳は「意思疎通」です。「意思」は人の思考ですね。「疎通」とは何でしょうか。現代語に強い『三省堂国語辞典』で調べてみましょう(ちなみに、これまでとは一味違った解釈を求めるなら『新明解国語辞典』オーソドックスなのは『岩波国語辞典』掲載語数が多いのは『広辞苑』です)。

『三省堂国語辞典』曰く疎通とは

考えていることが相手に通じること

とのことです。もっといえば相手に伝わってなかったらコミュニケーションにならないのですね。

なるほどなるほど!コミュニケーションとは何かがだんだんわかってきました。

コミュ障の第一パターン、喋れない病

さてさて、まず最初にコミュ障と言われている人の大半を指すであろう喋れない人達について考えてみましょう。

喋れない病の人は、対面で緊張してしまったり話すのが面倒臭い人を指しますね。まぁこのパターンの人もいますね。

異性と話すときに緊張しすぎてしまうタイプの人もいますし、仕事だ日報だという理由をかこつけて話に敢えて参加しない人もいます。

また、このパターンの人は大勢の賑わうような場が苦手な傾向があります。いわゆるノリについていけないというやつですね。周りが盛り上がっているのに自分だけ別世界みたいな雰囲気を放っています。

ただ、これに関しては後で書きますが問題ないです。むしろ、コミュ症の第二パターンの方が深刻なのです。

コミュ障の第二パターン、完全に空気が読めないやつ

コミュ障の第二パターンとは、完全に周りの空気が読めず自分の世界をひたすらに喋り、押し付けてくるやつらです。

結構多いんですよこのパターン。一見よく喋るのでコミュ障に見えないんですよね。でもこれは立派なコミュ障です。

自分のことしか話さないんです。人が何かを話していても「あーそれ、僕もあった!学生の頃にねー」という風に勝手に話を始めちゃうんですね。

歴史的に言うと自分中心に世界が回っていると信じ込んでいる地動説派の人々ですね。ガリレオのような天動説派の人が出てきたら、火あぶりの刑にされてしまいますわー。

そして、この地動説派のコミュ障はタチが悪いんです。何よりも自分がコミュ障だということに気づいていません

だから、どんどん話して話して周りが嫌な顔しながらウンウンと頷いてくれているのを、「自分の話に聞き入っている」と感じてしまうのです。

これ、嫌われたり陰口叩かれますよ。でも、本人たち気づいていないのだからどうしようもないんです。

まずは聞くことがコミュニケーションの一歩

当たり前な話をしますが、人間の顔のパーツの内で目と耳と鼻の穴は2つに対して口は一つです。これを「情報」という観点から見てみると、光景やら音やら匂いやらの情報を受け取る機能を果たしている器官は2つついており、情報を発信する器官は一つとなります。

ここから言えるのは、まず人間は受動することから始まるということです。ちなみに、子供が誕生することを「生まれる」といいますし、英語でもbe bornと言います。受動態ですね。

ですから、人の基本は受け取ることとなるわけです。となるとコミュニケーションも主体は聞き取りにならなくてはなりません。

たまに、モテ本に「モテる男は聞き上手」的なことが書いてありますが、本来は「聞き上手こそ意思疎通が取れる証拠」なのです。

なので、喋れない型のコミュ障の人は周りの話を聞いて頷いたり反応するだけで十分なのです。変に喋ろうとする必要はありません。なんなら、最初に「話すのが苦手なのですが楽しんでいるので」的なことを打ち明ければあとは周りが合わせてくれるでしょう。気にする必要はないのです。

問題は、一人しゃべくりセブン型のコミュ障です。口をホッチキスで留めちゃうのが最も早いと思われますが痛いので、あまりしゃべらないことを目標にするしかないですね。

あとは、周りの人に自分の話ってどうなのかを聞くことも大切です。でも、このタイプの人は一人で喋って一人で満足しているからそういう客観性とかないんだろうな〜

うん。ダメだな。救いようがないわ・・・

ということで、みなさん子供ができたらしっかりとコミュニケーションの方法を一緒に教えることが大切です。

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*