エストニアに留学して3ヶ月

こんにちは。ヨシナオです。エストニアの大学院に留学してます。なんと、ここにきてからもう3ヶ月が経過してます。

よく言われることに三日三月三年という言葉があります。何かをやるときに三という数字はとても大切であり、これが節目となります。三日坊主なんかもそうですよね。

この大事な3ヶ月目の私はどうなのでしょうか?

総じて成長率0%

英語とか授業とか友達関係とかカテゴリー別に書いていこうと思いましたが、やめました。正直言ってここにきて自分自身が成長していると感じることは全くありません。

成長率は総じて0%でしょう。むしろ、日本にいた時の方が調子が良かった気がします。

普通に考えて、海外で英語で授業を受けているし少しは英語とかできているんじゃないの?と思う人もいると思います。

ただ、はっきり言いましょう。全くできません。

正直、授業には未だに全くついていけません。しかも、最近は「諦める」という技を覚えたので、授業中はずっと日本の相撲を見てます。当てられないのでこれができちゃうんですね。

後、日本人がほとんどいない状況ですが、結局日本語を最も使用します。24時間のうちに英語を使うのは3時間程度です。その他の21時間は日本語です。成長するわけありません。

以前にも述べましたが、大学院は英語学ぶところではありません。英語学ぶところです。なので、英語ができないのは本当にお話にならないのです。

努力をしているのか

いやいや、結局そんな怠けていてそこにいる意味あんの?ちゃんと努力しているの?と思う人がいるでしょうが、正直言って努力していません。

今日も、ガッツリ指摘されてしまいました。周りについていけないし周りが何を言っているのかわからないという趣旨に対して「いやいや、じゃあその周りに追いつこうとかは思わないわけ?」「この3ヶ月で全く進歩してないなら、次の3ヶ月で少しは進歩させたいとかも思わないわけ?」という風に。

以前にも述べたように情熱は才能だと私は思ってます。やる気やら情熱やらは持って生まれ持った資質だと思われます。で、残念ながら私にはその情熱はないようで、暇があればYou tubeで日本の動画を観てます。

自分なりの努力といえば、朝は必ずABCニュース英語とBBC Learning Englishを視聴しているくらいです。ただ、そんなのは努力の内に入らないとのことです。考えてみればそうです。ネイティブ達は思考回路自体も英語です。それに対して私は思考回路は日本語なのです。なのに、英語で授業を受けるならば、彼らの何倍も英語を浴びないと本来はいけないのです。彼らが英語で生活したり勉強したりしてる昼間はもちろん、寝ている間にも英語を鍛えて初めて「努力」という言葉を使えるのです。

人生を辞めるか留学辞めるか

今、自分は人生をここで終えるべきか留学をやめるべきかという時点に来ております。正直言って、日本人の海外留学生で最も怠けているでしょう。日本トップの怠けっぷりです。

他の留学生のツイートを見ていると、自分より遥かに若い女子でも週に一度は徹夜をしています。私が敬愛していた前の会社の部長も留学時は睡眠は3時間以内と言ってました。もし、ちゃんと留学で学ぶのであるのであればそのくらいだろうとのことです。

ちなみに、私は9時間くらいです。週に一度は14時間くらいです。あまり留学生っぽくないですね。この留学の後にどうすれば良いかわかりませんので、相変わらずのやる気のなさです。今日は「金も時間も無駄だし、さっさと辞めちゃえば」と言われてしまいました。ただ、本当にそうなのでしょう。

小学校から友達である、ラッパーがいるのですが、きっと彼の方が立派だということでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*