アジア人狙いの詐欺師を撃退した話

はい!エストニア に留学中のヨシナオです。最近、実は詐欺に引っ掛かりそうでした。しかし、途中で気づいて撃退しました。

恐らく、海外にいる人を狙った詐欺のようです。犯人は香港人でしたね。

私のような留学生は人脈を増やす為にFacebookのローカルグループやらTinderやらを使って知り合いを増やそうとします。その中に潜んでいるのですね。今回はその手口と撃退したやり方を書きます。

最初は普通の会話

私が住んでいるエストニアにはアジア人が少ないです。なので、アジア人の友達は結構貴重なのですが、この人は確かTinderで数日前にマッチしました。実は、今度書くかもしれませんが、こちらで私がTinderを使っても、全くという程マッチしません。びっくりするくらいです。その中で、アジア人とマッチしたので普通にHello!と話をかけました。すると、向こうも話しかけてきて仕事でエストニア に来た韓国人だということを話してました。私は韓国好きなので、普通に食べ物はどうか?とか趣味は何か?とか普通の会話をしてました。すると、whatsappを持ってるか聞いてきたので、教えてwhatsupに移行しました。

会話は至って普通でした。名前を聞くと장려と答えてくれました。チャンリョという名前ですね。あまり聴き慣れない単語でしたが、まぁそういう名前もあるのだろうと思ってました。

ただ、この単語の意味をGoogleで調べると「奨励」という言葉しか出てこないんですよね。普通に考えて、この時点でおや?と思うはずなのですが、私が馬鹿だったのか気付きませんでした。普通に日本で「齊藤奨励」とか「西村奨励」とかいう名前ないですよね。ただ、普通に趣味は何?とか話しているのでこちらも会話を続けていたのです。

急にお金の話に

ただ、そんな会話だったのですがこの人は金融の仕事をしにエストニアのタルトゥ に来たということで金融について色々質問してきました。そして、今年は儲かった人が多かったと。

唐突な感じは確かにありますが、実は私も昔やったコインチェックの残金5000円がいつの間にかにビットコインの上昇により20,000円になってました。なので、私的には普通だったのです。Cool!とか返してますしww未だこの時点で詐欺だと気づいてないのです。その後も、やり取りはどのサイトを使ってるの?とか聞いてきて、Binanceかな?とか聞いてきたのでコインチェックだよと話してました。そうすると、Binanceは手数料安いからおすすめだよ!と話してました。この会話も特に普通だなと思いましたね。

まくし立ててくる

で、私としてもBinanceを新たに口座開設するのはめんどくさいので、少し面倒だなと返してましたが、急にこのコインを買うべきよと話してきました。

ただ、私はONUという仮想通貨を聞いたことがありません。調べても出てきませんでした。テキトーに流していたのですが、やたら流暢で物凄い勢いで返信が返ってくるのですね。少しめんどくさくなって、コインチェックでやるし、投資の才能ないから買わないかなと言うと、待ってましたと言わんばかりにリンク先を送ってきました。そして、私の言う通りにやれと。

リンクが出てきましたね。捲し立てるようにメッセージがきます。このサイトにアクセスしたのですが、不思議なことにGoogleで検索しても出てこないのです。調べるとChinese scamという文字があり、詐欺サイトだとわかりました。そうなれば、こっちのものです。

トラウマを与える反撃

相手の要求をテキトーに流し、今タルトゥ で自粛をしているという彼女にどこにいるのかを聴きました。

アントニスホテルにいるとのことです。このホテル、大学の目の前にあるホテルです。すかさず、大学のライトアップが見たいから写真を送ってと頼みました。

そうすると、案の定防御体制になりましたね。その後は、video会議があると言って返信がなかったです。

翌朝にもう一度、ONUを買いたいと話しましたが、as you like(ご勝手に)と言われました。なので、私はインターネット「蓮コラ」という蓮華の種と人間の皮膚のコラージュグロ画像を何枚か見つけて送りつけました。

私は一度これを高校生の時に検索して、しばらくトラウマを負いました。今回はその中でもひときわグロいのを選定し、送付しました。正直、こちらも鳥肌が止まらなかったです。

そして、無事に既読がついたら案の定キレられました。

お前アジア人じゃないだろ!とか、最後にはお前を晒してやる!と言われ、ブロックされてしまいました。

恐らく、まともにあの強烈なグロ画像を見たので、結構キツかったと思います。これで懲りてくれれば良いですね。

ただ、アジア人を狙ってうまくfacebookのグループやらtinderの場所変更機能で潜り込むのは腹立ちますね。今度は早く気づいて、もっともっと強烈なトラウマを負わせてやりたいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*