ゆとり世代が語る理想の結婚生活


こんにちは。ゆとり系ブロガーのヨシナオです。今日は久しぶりに恋愛論というか結婚論を書きます。私は現在26歳で周りはいわゆる結婚&出産ラッシュです。

私自身は現時点で結婚したいという願望はないのですが、先日とある雑誌を読みまして、将来の結婚のあり方を考えるようになりました。

本日はゆとり世代である私が理想としている結婚について書き連ねます。

ゆとり世代というよりかは私限定の価値観かもしれません。

では、いきましょう。

個人主義が基本

よく結婚を語る女の子の中には、「結婚したら専業主婦になって子供を元気に育てて、夫を支える」という単なるナマケモノ的な考えの人がいます。

なぜかはわかりませんが、こういう人たちに限ってかまってちゃんたまには夫にベタベタしたいという人が多いのです。

個人的にはそれはいかがなものかと思います。というのも、人間みんなそれぞれ役割や使命があり、適材適所に就けばしっかりと自分の能力を発揮出来るものだと考えるからです。

私は誰もが社会に必要とされている人間であり、主に仕事を通じてそれを発揮出来る能力があると考えます。

そうなると、必然的に生きている以上は何かしら自分のスタイルで社会又は人に貢献する形をとらざるえないと思うのです。

このようになりますと、夫を支えるだとか家に入って家事に従事するという非常に狭いコミュニティだけでの生き方は社会人らしからぬということになります。

そこで、結婚しても必然的に個人の役割を尊重しないとならないという結論に至るわけです。いわゆる個人主義ですね。結婚しても己のアイデンティティと使命は捨てないというのが基本です。

夫婦別姓&寝室は別

私はこれからの結婚観として、個人主義をもっともっと強め、「旦那と嫁」という立場よりも「良きパートナー」という関係性を築くべきだと考えます。

ですから、基本的に夫婦別姓にすべきです。よく、「苗字を変えたら結婚したという感覚になる」というバカの極みの人々がいますが、それではただの主従関係のようでお互いのアイデンティティの尊重にはなりません。

そもそも、日本では跡取りがいない一人娘の家庭とかですと跡取りのために婿をもらうなんていう風習まであります。はっきり言ってそんなのばかばかしいです。家系が途切れるのを恐れているのなら最初から夫婦別姓にしちゃえばいいだけです。

さらに私は、パートナーと一緒に暮らす中で寝室は分けるべきだと考えます。

よく、結婚したり同棲したりしてる人の中にはダブルベッドで2人で寝てるという人が非常に多いです。しかし、これは結構危険です。

少し前に何かの記事で読んだのですが、イギリスの論文によると同じベッドで毎晩寝ているカップルよりもベッドが別々だったり寝室が別々にカップルの方が離婚しないそうです。

考えてみてみれば当たり前で、人間のプライベートゾーンが侵されると無意識的に気分が害されるのです。特に寝るときは誰もが快眠したいわけですので、誰かに睡眠を邪魔されるのは辛いのです。

そこで、ベッドを別にするか寝室を別にする必要があります。

個人的には寝室が別の方がいいです。ちなみにそっちの方が夜の営みもうまくいくでしょう(古文で言うところの夜這いです)。

相手を尊重することが基本

夫婦として長くやる場合、ラブラブすることよりも夫婦間でお互いを尊重し尊敬しあうことが大切だと思われます。

一緒に過ごす時間が少なくても、お互いの仕事やら使命を尊重し時には支え合って良き理解者や相談者になることが大切だと思うのです。

これは子供が出来た時もそうです。子育てに関してお互いの意見をしっかりと交わす場面を作りパートナーとして協力しながら子を育てることが大事なのです。

たまに、「子育ては妻に任せた」なんていう男性もいますが私から言わせれば論外です。

その妻がとても頭がキレてて家事なんかもうまくこなせる人ならいいんですが、そんな人は日本人の中では少ないでしょう。だいたい、そういう人はしっかりとお仕事をします。

子育てなんかに関しても、自分の意見も述べつつ他の人の意見も取り入れるという姿勢はとても大切です。そういう相手を尊重する姿勢は子供にも伝わりますし、それを見た子供は人格者になるでしょう。

やはり、夫婦といえど程よい距離感を空けて、それぞれの人生を歩むという姿勢は大切なのです。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*