みんな大した人間じゃない


スゲーだろ!

こんにちは。ゆとり系ブロガーのヨシナオです。梅雨前の時期をいかがお過ごしでしょうか。

私は相変わらず仕事と二郎系ラーメンと語学の勉強で人生を構成しております。

さて、今日のテーマは「ほとんどの人はすごくない」という内容です。

少し前にいわゆる意識高い系の人間に出会いましたが、彼ら彼女らは自分たちのビジネスやらその構想やらを得意げに語っていました。

ですが、私はそれを冷ややかな目線で見ていました。彼らが口でいくら自分の凄さを語ろうと、それは未来のことでありますし、現実的に本当にすごい人ってそんなにいないのではないかと思うからです。

今日は、人ってそんなにすごくないんだぞということについて述べたいと思います。

人には承認欲求がある

大体の人はそんなにすごくないです。会社経営をしておりグループ連結で数千億円の年収をあげたり、フリーで何かしらの功績を得たり、本を書いたりという成果がなければね。

でも、この事実に反して人には承認欲求というものがあります。周囲の人に認められたいという欲求です。

この欲求があるので人は誰かに認められたいと思いますし、誰かに認められるために自分をすごく見せようとします。

そこで人は自分の大したことない実績を語り始めるのです。

「オレはこんなにすごいんだ」とか「私はこんなにすごい人をしている」等です。

SNSは自己顕示欲の為のツール

人々はそんな「凄い」自分を見せるためにSNSを使用します。SNSを通じていかに自分が「凄い」のかをアピールするのです。

Facebookなんかはその最もたる例です。意識高い系の人々のFacebookの投稿を見てみればわかります。これでもかというフワッフワな言葉で溢れており私からすれば爆笑のオンパレードです。

自分が経験したことをいかにすごいか脚色して表現し、他の人も追従するように促します。

それに対して批判を述べようものならば、問答無用で友達から削除されてしまうのです。滑稽に見えますがこれがSNSというツールを得た現代人の姿なのです。

自分は大したことない人間なのにも関わらず、大げさな脚色を加えることによってあたかも「凄い」人に見えてしまうのです。

凄いかどうかは客観的に見ればわかる

とは言っても、自分の「凄さ」に陶酔している人は自分のショボさに気づきません。

ですので、ぜひともご自身で自分のショボさを知るために自分を客観視することをしていただきたいものです。

具体的には自分の今と過去の実績を洗いざらいしてみることです。はっきり言って大したことないでしょう。

就活とかで学生時代に頑張ったことを得意げに語る輩がいますが、ほとんどがどーでもいい実績を語っています。

私自身のことで検証してみましょう。

学生時代に頑張ったことはゼミとサークルです。(←この時点で何もすごくない

サークルでは国際交流サークルに属し10カ国以上の人と英語で意見交換をしてました。(←で!?何?

ゼミでは卒論を書き上げました。(←で!?その論文は世界の人にどんな影響を与えることができた?

という風に、見事に何もすごくない学生時代を過ごしました。なのにも関わらず、当時はあたかも「オレはすごいんだぜ」という風な態度で就活に臨んでいましたね。今から考えると痛いやつです。

そんで、現在はどうかというと正社員を2年半で辞め、楽なバイトで食っています。

はっきり言って何もすごくないですね。

これはあくまでも私の場合ですが、他の人はどうでしょうか!?

自分はめっちゃめちゃすごい人間です!という人がいたら是非ともコメントして欲しいですね。

謙虚に自分の立場を知ること

私自身は「オレってスゲーだろ!」と豪語する人よりも自分自身の立場をわきまえて相応な行動を取る人の方が懸命に感じます。

そっちの方が楽なのかなと思いますしね。とは言っても承認欲求があるので難しいとは思います。

私自身はクズ人間なのは理解しております。残念ながら、人より秀でている部分がないのです。

だからこそ、今よりいい環境に入って自分自身を鍛えなきゃと心底思うわけです。今の環境に安住するわけにはいかないのです。

こうやって謙虚になれば人生好転する人って結構いるんでしょうね。でも殆どの人はできないんだろうなー。

謙虚 is best


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*